阪急MEN'S TOKYO ブログ

その腕に、精密で美しいウォッチを 【1階 モンブラン&地下1階 タイム&テーブル ラスク(時計)】

■「MONTBLANC(モンブラン)」
筆記具、レザーアイテム、そして時計、すべての製品においてクオリティの高さを誇る「MONTBLANC(モンブラン)」。筆記具の代表作として驚異的な人気を保ち続けているマイスターシュテュックなど、筆記具から入ったという方が多いだろう。その後、モンブラン製品に魅了されたれた人々がたどり着くのが“時計”だ。
 
なかでも、モンブランを知り尽くした愛用者たちが、筆記具やレザーグッズと併せて持つ「タイムウォーカー ツィンフライ クロノグラフ」は、生涯を共にする時計といっても過言ではない。


 モンブランの中でもスイスのル・ロックルにあるマニュファクチュールでは、モンブランの時計職人たちが最高レベルの技術を駆使して精度の高いキャリバーを製作している。
 
新しい自社製ダブルプッシャー自動巻きキャリバー“MB LL100”がそうだ。クロノグラフには欠かせない機能であり、伝統的なコラムホイールによるストップウォッチ装置の制御。さらに、摩擦をほとんど生じない垂直ディスクカップリングを搭載。ほかにも、時計を約72時間作動するのに十分なパワーを保持できるツィンバレルも特徴のひとつだ。

そして、芸術的と評されるのが中央の細い2本の針による「フライバック(リスタート)」だ。クロノグラフが作動している時にボタンを押すと、クロノグラフ秒針と60秒計の2本の針が“同時に”ゼロの位置へ素早く戻る壮観な光景から「ツィンフライ」と名付けられた。

それと同時に、新たなインターバルの計時が追加操作なく、すぐ開始される。建築からインスピレーションを得たというシンプル で立体的なデザインに、伝統が見事に融合した「タイムウォーカー ツィンフライ クロノグラフ」。ぜひ、その手元に知性と上品さを添えていただきたい。

◆「MONTBLANC(モンブラン)」
タイムウォーカー ツィンフライ クロノグラフ 808,500円
◆1階 モンブラン


■「Jacob Jensen(ヤコブ・イェンセン)」
デンマークを代表する世界的デザイナー「Jacob Jensen(ヤコブ・イェンセン)」。1958年に自信の名前を冠し、スタートしたデザインブランドである。オーディオや電話機から建築や食器、自転車まで幅広いプロダクトを手掛ける彼の作品は、世界各国で100以上のデザインアワードを受賞、NY近代美術館にも納められている。

伝統的なデザインを大切にするヤコブ・イェンセンの作品のなかで、シンプルで美しいデザインにユニークなカラーリングを加えたクロノグラフウォッチは、2006年にレッドドットアワードを受賞。クロノグラフに求められる機能や頑丈さを備えながら、腕まわりを装飾するアイテムとしての新しいアプローチを可能にしたことが高い評価を受けている。

秒、分、時間のそれぞれが、時計とクロノグラフの機能で共通する色使いになった6本の針。視認性に富んだミニマルでモダンなデザインは、装着した際のバランスも格別。

スイス製の高性能ムーブメントやチタニウム素材を積極的に採用しながらも、ケースを薄く仕上げてあるため、コーディネイトを選ばずともファッションを引き立ててくれるのだ。

◆「Jacob Jensen(ヤコブ・イェンセン)」
「600」 38,850円
「601」 38,850円
◆地下1階 タイム&テーブル ラスク


■「JUNHANNS(ユンハンス)の“Max bill collection”」
時計部品の精密さや品質の高さが評判となり、1866年からオリジナル時計の製作を開始したドイツの「JUNHANNS(ユンハンス)」。

14年というわずかな年月で閉校を迎えたにもかかわらず、工業デザインの世界に大きな影響を与えたバウハウス(美術や建築に関する総合的なスクール)。その“バウハウス最後の巨匠”といわれた「Max bill(マックス・ビル)」。1957年に発表したマックス・ビルのデザインによるユンハンスのクロックは、NY近代美術館に永久コレクション登録されいる。

シンプルな形を追求し、長く使っても飽きのこないデザインに実用性を両立したのはウォッチも同様だ。ストップウォッチ用のプッシュボタンが付いた男性的なフォルムに、細身の時針が映える白い文字盤が洗練された雰囲気を醸し出すのは「027.4600.00」。

絶妙なカーブを描くドーム型ハードプレキシガラスを風防にしたレトロな雰囲気と、オーソドックスに見えて目盛りと数字が美しいバランスで配される「027.3500.00」。

数々のウォッチが世代を超えて圧倒的な支持を受け、復刻版でも忠実に再現される。「時を越えて時を刻む」と評される“マックス・ビル コレクション”。まずは、芸術的な造形美をその目で確かめていただきたい。

◆「JUNHANNS(ユンハンス)」の“Max bill collection”
「027.4600.00」 241,500円
「027.3500.00」 120,750円
◆地下1階 タイム&テーブル ラスク

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.06.19 08:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ