阪急MEN'S TOKYO ブログ

“SHOES & BAG FAIR 2013”
期間限定!小物からラゲッジまで勢揃いの「GANZO」フェア
【1階 イベントスペース「ガンゾ」】

使い込むほどに、自分だけの個性が刻まれる革製品。時を経て変化する様は、素材の上質さや製法などディティールにこだわった製品を選ぶことで、さらに幅を広げる。

1917年創業のAJIOKAが手掛ける「GANZO」は1999年にスタートして以来、素材選びからなめし、縫製や磨きまで独自に行っている。妥協のないモノづくりは、そこからさらにそれぞれの素材に合わせたなめしや縫製方法を取り入れることで完成度を高めている。「GANZO」の革製品は、旬の食材を最高の味に仕上げた料理のように、素材の特長が存分に生かされた製品なのだ。

その「GANZO」が今回、満を持して登場させたのが“グイディ社”のカーフを使ったラゲッジ。1896年イタリアトスカーナに設立した老舗タンナーだ。

1枚ずつ異なる独特のムラが魅力的なカーフを、凹凸のない石で磨き艶を出した光沢のある逸品。つまみ縫いされ象られた丸みを帯びたフォルム。手のひらによく馴染む持ち手の厚み。ダブルジップで開口部の開閉もしやすく、ブリーフはサイドまで開く便利さ。すべてが完璧だ。

スーツケースでの移動が多い方には、同じ素材のクラッチバッグがおすすめ。持ちやすいマチ幅でありながら収納力もある。手帳を携えているかのようなデザインも目を惹く。このほかに財布やキーケース、ベルトの展開があり(写真1枚目)、革のグラデーションが美しく際立つシンプルなつくりだ。ぜひ間近で見ていただきたい。

通常、財布などの小物を中心に展開している「GANZO」。阪急メンズ東京で4月10日から始まった“SHOES & BAG FAIR 2013”のために、特別に幅広いアイテムが取り揃えられた。ラゲッジが豊富に揃うのは特に珍しいので、この機会を逃さないように足を運んでいただきたい。

注目していただきたいのは、フェアでしか扱わない固定サイズのベルトのオーダーだ。サンプルのベルトでサイズを測り、レザーの種類を選ぶ。なんと、2.5㎝ごとに測れるサイズは65~105㎝まであり、カラーも約4色ある。

さらに、新登場したのはレザーだけではない。英国ブライドルレザーのラゲッジでにヘーゼルナッツカラーが登場。レザーラゲッジにバリエーションが増えたことだけでなく、ファン待望の新カラーはこれからの時期にぴったりの華やかさ。持つことが楽しくなりそうだ。

使う人の手によって世界最高の完成品となる革製品。妥協せず作り続けているからこそ、本物を求める人たちに伝わる「GANZO」の想い。あなたも感じてみてはいかがだろうか。

「GANZO(ガンゾ)」フェア
期間:4月10日(水)~4月16日(火)
場所:1階 イベントスペース

※「GANZO」フェア開催中の4月16日(火)までに、バッグを購入するとイニシャル刻印サービス付のオリジナルネームタグをプレゼント。さらに、GANZOのコレクションを21,000円(税込)以上お買上頂いたお客様、先着30名様に特製ペン挿しをプレゼント。


【関連記事リンク】
ギフトにおすすめ「GANZO」&「fico」の革小物




◆ご紹介のアイテム
(グイディ社のカーフ)
ラゲッジ(写真2枚目)136,500円
ラゲッジ(写真3枚目)126,000円
クラッチバッグ 57,750円
ドキュメントケース 59,850円
ベルト 15,750~16,800円
財布 23,100~29,400円
パスケース 15,750円
キーケース 12,600円
キーホルダー 8,400円

オーダーベルト 13,650~15,750円
ヘーゼルナッツカラーのラゲッジ 115,500円

阪急メンズ東京 1階 イベントスペース 「ガンゾ」

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.04.11 19:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ