阪急MEN'S TOKYO ブログ

ラグジュアリーなボトルと香りのLINARI(リナーリ) ルームディフューザー
【1階 メンズビューティー】

ルームディフューザーとは、部屋に香りを拡散させるための道具のひとつである。

主にボトル(ガラス容器)にフレグランスを入れ、リードやスティックと呼ばれる木材の細い棒を差し込む。

そのリードが、フレグランスを吸い上げ、フレグランスに触れていない面から香りを放つのだ。
リードディフューザーともいう。

このボトルにリードを差し込む形式のディフューザーが流行する前は、皿に入れたオイルを下からキャンドルで熱することにより香りを拡散させていた。

手間もかからず、長い間いつでも部屋を好きな香りで満たしてくれる。そのうえ、置くだけでインテリアとして楽しめるボトルとなれば、人気が出るはずだ。

香りの強さはリードの本数で調節できる。本数によって変わるが、なんと3ヶ月~6ヶ月ほど香り続ける。
さらにうまく調節すれば、部屋のサイズに合わせた香りの楽しみ方ができるという優れもの。

そうすることによって、それぞれの部屋の過ごし方に合わせた香りをチョイスしてリラックスしたり、ラグジュアリーな気分に浸ったりすることができるのだ。

阪急メンズ東京 1階のメンズビューティーでも、このルームディフューザーの取扱いがある。今回おすすめするのはドイツの「LINARI(リナーリ)」。

上質なフレグランスと、洗練されたデザインが特徴のリナーリから、新しく登場したのは“DIAMOND LINE(ダイアモンド ライン)”。ブラックのリードに光沢と立体感のある贅沢なボトルで、部屋も一気にラグジュアリーな雰囲気に。

では、香りをご紹介しよう。ゴールドに輝くボトルにはOPALE(オパール)。花火のように広がる豪華な香りで部屋を満たすならこれだ。

フレッシュレモン、カシスから生まれたフルーティーな香りに続くのは、グリーンティーの葉やナツメグ、ほのかなジャスミンの香り。少しスパイシーなサンダルウッドや、あたたかくやわらかい香りのシダーやグアヤクが最後まで楽しませる。

ブラックのボトルと融合した力強い印象をもった魅惑的な香りAMBRA(アンバー)。

独特な琥珀に少しスパイシーな香りを組み合わせてできた誘惑するような香りのあとに、ローズやジャスミンからつくられたフローラルの心温まる香りが広がる。

最後はウッドの香りと高貴なバニラの香りが包み込んで一つの香りにまとめる。力強さの中にエレガントな印象を残す。
シルバーの光沢とともに、平穏を思わせる純粋を表現した香りはFENICE(フェニーチェ)。

明るい鈴蘭、ローズ、カーネーション、ジャスミンの魅惑的な香りで始まる。
甘いベルガモット、カシス、ガルバヌムとともに独特で心を惹くような香りへと続く。

そして、白檀、トンカ、バニラ、シナモンバークなど、官能的なホワイトムスクとのコンビネーションで構成された繊細な香りで全体をしめくくる。

香りは時間とともに変化する。その変化を感じとるのも香りを楽しむ秘訣だ。
難しい話は苦手だ、という方もおられるだろう。まずは店頭で試して、自分が心地よいと単純に思える香りから始めてみてはいかがだろうか。






◆ご紹介の商品
リナーリ ルームディフューザー(500ml)各17,850円

阪急メンズ東京 1階 メンズビューティー

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.11.07 19:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ヘアサロン&ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ