阪急MEN'S TOKYO ブログ

【動画】 『スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント』
阪急メンズ東京から、夏のシーン別ビジネススタイル提案

東京・六本木ヒルズアリーナで5月31日(金)に『スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント』が行わた。環境省が6月より節電対策の一環として、職場での軽装を促す『スーパークールビズ』の推進イベントで、石原伸晃環境大臣自らも出席し、節電の必要性を訴えた。

今年はノーネクタイ・ノージャケットに加え、アロハシャツ・かりゆしウエア・ポロシャツなども活用し強化が図られている。今年第1回となる『ベストクールビズ大賞』受賞者の米倉涼子さん等が会場に華をそえた。

『クールビズ ファッションショー』も開催され、11社の百貨店が参加し、スタッフ自身がモデルとなり、各社それぞれのクールビズでのスタイリングを提案した。阪急メンズ東京は”クールジェントリー”をテーマにプランタン銀座とコラボレーションして参加。3つのビジネスシーンを想定してクールビズスタイルを紹介した。

(1)大切なクライアントと初対面
普段はノーネクタイ姿。しかし、大切な商談にはネクタイが欠かせないのも事実。しわになりにくいニットタイなら、いざという時のために携帯しておくのに便利だ。阪急メンズ東京には、持ち運びできるネクタイケースも販売されている。夏場は香りにも気を配りたい。爽やかな柑橘系の香水を持ち運びできるアトマイザーに入れて大切な商談に備えたい。必要な書類をスマートに持ち運べる、バッグは高級感のあるレザーのクラッチバッグがおすすめ。

商談でのビジネススタイルを崩さず、爽やかな香りもきっかけで、きっと仕事が上手くいくはずだ。

(2)暑い夏場の外回り営業
例年酷暑が続く日本の夏のビジネススタイルは、機能性も不可欠だ。モデルのシャツは、ノーネクタイでも綺麗な衿元を保ってくれるカッタウエイのシャツ。阪急オリジナル「ヒトヨシ×ミズノ」の吸汗速乾機能の涼感素材。コットンパンツはビジネスに適したクリースライン入り。また、資料をたくさん持ち運べる大き目のトートバッグは営業の強い味方。中身の見えないファスナー付きを選ぶことが大切。



機能的な服装を着ても、暑くて汗は出てきてしまう。そこで、日差しと紫外線から身を守る日傘が役に立つ。
今や男性でも日傘は珍しいものではないのだ。日陰を探しながら歩かなくても、日傘をさすことで、体感温度を下げる効果もある。






(3)1日中オフィスでパソコン勤務

商談も会議もない1日なので、涼しくリラックスできるスーパークールビズスタイルで出社。ブルーのポロシャツは、カラーも涼げで、通気性が良いので本人も快適に過ごせる。自転車通勤でエコにも健康にも気を配ってみてはいかがだろうか。自転車は、阪急メンズ東京6階「ザ・パーク」のカスタムバイク

阪急メンズ東京では、クールビズやスーパークールビズの着こなしについてのセミナーも開催していので、ご利用してみてはいかがだろうか。

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.06.14 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ