阪急MEN'S TOKYO ブログ

「ラルチザン・パフューム」魅惑的な香りの瞬間―メンズビューティー

シャッセ オ パピオン エクストリーム


初めに感じるのは強い太陽の日差し。その下には透き通るようなフローラルトーン。美しい花々が咲き誇り、様々な表情を魅せながら流れていく。最後には白く美しいチュベローズが官能的な甘さを残して去っていった。

手に取ったパフュームのタイトルは
「LA CHASSE AUX PAPILLONS EXTREME」
“究極のちょうちょ”をつかまえて

個人的な見解だが、花から花へとうつろうその“究極のちょうちょ”はきっと捕まることはないのだろう。それでも虜になり、気付けば本能のまま求めてしまう。そんな魅力を五感に働きかけるような香りである。
メシャン ルー

阪急MEN’S TOKYO1階「メンズビューティー」のコーナーにある「L'Artisan Parfumeur」(ラルチザン・パフューム)はメゾンフレグランスの中でも目的買いで訪れる方が多い。ただ、その独特のネーミングと香りに惹かれて興味を持たれる方も少なくはない様子だ。

そんな中私個人が惹かれた香りは
「MECHANT LOUP」 いじわるオオカミ

タイトルとパッケージから、ウッディベースということはなんとなく想像がつくだろう。試したところ、やはりサンダルウッドのベースにペッパーのスパイシーなワイルドさが広がった。ただ、このパフュームの“ずるい”部分はラストだ。蜂蜜とトンカビーンズの甘さが、ほんの少しだけ優しさを残していく。

危険な中にのぞく甘さと優しさ。ぜひとも一度お試しいただき、危険で魅惑的なオオカミの存在を感じていただけたらと思う。

***

「綺麗だなぁと見てました。何かいいものがあるかな、と思って」

そう仰りフレグランスを眺めていらしたのは30代男性のお客様。この日は冬に向けたアウターを探しに来られていたそうだ。このコーナーはエントランス入ってすぐということもあり、気軽に立ち寄りやすい雰囲気がある。

ペンハリガンファッションフレグランスも充実の品揃え

岡野マネージャー
「楽しいもの・好きなものが見つかると気分が良くなるのは男性も女性も同じです。メンズビューティーに興味が無かった方にも足を踏み入れていただいて、もっと素敵に、もっと気持ちよくなっていただけたらと思います」

担当者である岡野マネージャーは売場に注ぐ気持ちをそう語った。また“メンズビューティー”という言葉についても、単に見た目を飾り立てるだけのものではなく、年齢を重ねるほどに滲み出てくる自己に対する意識であると加えた。

「外見を整えていらっしゃる方には、やはり内面も素敵な方が多いですね」

その言葉を、必然だとか焦りに感じるのではなく、ご自身が心地よくなれる時間のために。「メンズビューティー」でお好きなものを見つけていただければと思う。



◆ご紹介の商品
「LA CHASSE AUX PAPILLONS EXTREME」
(シャッセ オ パピオン エクストリーム)
 “究極のちょうちょ”をつかまえて
(50ml)15,750円

「MECHANT LOUP」
(メシャン ルー)
いじわるオオカミ 
(50ml)12,600円/(100ml)16,800円

阪急MEN'S TOKYO 1階 メンズビューティー

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2011.10.31 12:00

「エルメネジルド ゼニア」ス・ミズーラ スペシャリスト アントニオ ピカルディ氏来店

29日、阪急MEN’S TOKYO3階の「エルメネジルド ゼニア」に入ると長身で柔和な笑顔が印象的なイタリア紳士が出迎えてくれた。伊スーツの名門エルメネジルド ゼニアからス・ミズーラ スペシャリストの称号を与えられたピカルディ氏がミラノ・モンテナポレオーネ店での長年の接客経験で身についた柔らかい物腰でインタビューに答えてくれた。
(ス・ミズーラ [SU MISURA]―イタリア語で「あなたのサイズに合わせて」という意味。)


アントニオ ピカルディ氏

Q.ス・ミズーラ スペシャリストという称号について

A.100年を超える歴史に裏付けられたゼニアのDNAを理解し、その「ゼニアらしさ」を土台として、最高の生地・型・ボディフィットを顧客に提案できるレベルにある人へ与えられる称号です。

Q.ミラノで多くの接客経験をされていますが、ミラノの顧客と東京の顧客の違いは?

A.東京の方は今買うべきものを知っており、非常にスマートにお買物をされる。そしてイタリアの商品を信じてくれている。ビジネスで様々な国を旅していてお買物への視野が広い。一方ミラノの顧客は直感的で本能に正直。女性ウケが良いことを重要視しますね。
アントニオ ピカルディ氏

Q.ス・ミズーラの接客をされる際に何に最も気をつけますか?

A.上半身は目に付きやすいパーツなので、着る人がどのような体型であれジャケットは「エレガントなシルエット」になるよう心がけます。一方パンツは快適性を重視します。スーツを着用しているビジネスタイムは、立ったり、座ったり、歩いたりと、意外と運動量の多いもの。そこでの快適性は生命線でもあります。1990年代はルーズなシルエットが主流でしたので楽でしたが、今のようにスリムでコンパクトな流れのときは快適性との両立に苦労しますね。
アントニオ ピカルディ氏

Q.阪急MEN’S TOKYOをご覧になられての感想

A.良い意味で日本の百貨店らしくないですね。モダンでスタイリッシュな環境が印象的です。メンズ専門店としては大きいが、各フロアが大き過ぎないので、見やすく歩き疲れない良い店だと思います。
アントニオ ピカルディ氏

Q.最後に阪急MEN’S TOKYOのお客様へ、スタイリッシュになるためのアドバイスを。

A.まずはエルメネジルド ゼニアを着てください(笑)スーツはクラシックでも、小物使いで自分らしさを常に心がけることです。黒靴もいいですが、たまにはワイン色の靴を合わせてもいいし、シャツ、タイ、チーフなどのチョイスに時間をかけること。重要なのはアイテムひとつひとつではなく全体のバランスを常に考えることです。阪急MEN’S TOKYOを歩いてトレンドを感じ、店員の方と会話をしてヒントを得ることもいいでしょう。



一日限りのイベントだったが、精力的に接客する姿が印象的だったピカルディ氏。多くのお客様に「エルメネジルド ゼニアのDNA」をご堪能いただけたにちがいない。

阪急MEN'S TOKYO 3階 エルメネジルド ゼニア

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2011.10.30 11:00

「Bell&Ross」機能美にこだわった完璧なプロポーション

「Bell&Ross」BR 01-92 STEEL 399,000円


「視認性・正確性の高い計器」と聞けば、一番に何が思い浮かぶだろうか?

写真のBR01シリーズがインスピレーションを受けているのは「航空計器」。戦闘機のコックピットにある計器と同じ、直径46mmに作られている。

“形は機能に従う”と機能美をうたいデザインされた時計「Bell&Ross」(ベルアンドロス)。見つけたのは阪急MEN’S TOKYO地下1階、カジュアルウォッチ中心のセレクトショップ「TIME&TABLE Rusk」だ。

最高の信頼性を要求するプロフェッショナルのために考案された「Bell&Ross」の時計は「視認性」「機能性」「高精度」「防水性」 という4つの基本原理に基づいてデザインされている。

そのため宇宙飛行士はもとより、パイロット、ダイバー、地雷除去の専門家にまで、任務遂行の必需品となっている。また、どんなディティールにも意味があり、機能を持つ、その無駄のない完璧なプロポーションは、様々なセレブやデザイナーに愛され、時を超えて時計業界のデザインをリードしている。

「TIME&TABLE」市川さん

お客様がご来店され、「Bell&Ross」を前に立ち止まる。「TIME&TABLE Rusk」スタッフの市川さんは声をかけた。

「渋いものから見ていかれますね」

先も述べた通り、「Bell&Ross」は世界のセレブが愛用しているフランスブランドウォッチということもあり、メディアで目や耳にする機会が少なくはない。ただ、どこで売っているのかを知らないお客様も多いそうだ。

「看板商品で品揃えも豊富ですし、ここに来れば見られる、ということを知ってもらえれば嬉しいです」

そう続けた。

看板商品ということもあり、売場作りにも余念が無い。以下は非売品ではあるが、ずらりと並べられた「Bell&Ross」のアイテムがとても雰囲気を出している。



◆ご紹介の時計◆
「Bell&Ross」BR 01-92 STEEL 399,000円
ムーブメント:自動巻き
機能:時間、分、秒
ケース:直径XL46mm
防水性:100m

阪急MEN'S TOKYO 地下1階
タイム&テーブル ラスク

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2011.10.29 10:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ヘアサロン&ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ