阪急MEN'S TOKYO ブログ

SOPHNET.(ソフネット)× nonnative(ノンネイティブ)
【4階 SOPH.(ソフ)】


「CLIMBER EASY PANTS by GRAMICCHI」がSOPH.に登場。つい先日発売されたばかりだが、もうご覧になっただろうか。

アメリカが生んだ名品「GRAMICCI CLIMBER PANTS」をベースに、SOPHNET.とnonnativeによりアレンジされたスペシャルプロダクト。

沖縄の代表的な染料で、国指定文化財に認定されている琉球藍によって染め上げられた深い藍色は、唯一国の選定保存技術者として認定される伊野波 盛正氏(いのは せいしょう)により藍の栽培から製造過程までを監修。

素材は、従来のモデルに使用されているツイルからストレッチツイルに変更。日本生産にすることで縫製力を高めている。

GRAMICCIタグは、2001年まで使用されていた通称旧タグを使用。そして、SOPH.とnonnativeのダブルネームシグネチャーの刺繍を施し、こだわりを詰め込んだ一本。

無理なく180度開脚できる『ガゼットクロッチ』や、素早くウエストサイズを調節できる『ウェビング ベルト』など、クライミングウエアの特徴である機能性を活かしたデザイン。また、藍染めの特徴である生地の強度増加と独自のディテールを取り入れ、長年使われ続けるオーセンティックプロダクトを独自のシルエットに落とし込み仕上げたアイテムだ。

また、これからの季節買い足しておきたいサンダルが今のイチオシ。カジュアルシーンで気軽に履ける「TATAMI」や「TEVA」とのコラボアイテムは、一足あるとかなり重宝しそう。

「TATAMI」は、ビルケンシュトック社の高い技術と長年の経験が集結したハイエンドライン。オリジナルのフットベットによる極上の履き心地をSOPH.のだけのデザインで楽しめる一足。

そして、ストラップ付サンダルの代名詞「TEVA」と「uniform experiment」によるアイテム。uniform experimentらしい配色でスポーティーながらモダンな印象。ビーチやアウトドアシーンにはもちろん、カジュアルスタイルにスポーツをミックスするのも今年のトレンドだ。

長さが調節できるストラップで、一人ひとりの足にフィットするのがうれしい。ハードに使うサンダルも、こだわって選びたい方にピッタリの一足。

新着アイテムとあわせて夏のアイテムもぜひご覧いただき、SOPH.ならではの洗練された日常着を取り入れてみてはいかがだろうか。

【関連記事リンク】
「SOPH.」2012春夏コレクション
「F.C.Real Bristol」2012春夏コレクション





◆ご紹介のアイテム
パンツ 26,040円
「TATAMI」サンダル 各26,250円
「TEVA」サンダル 各8,925円

阪急MEN'S TOKYO 4階 ソフ

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.05.31 12:00

紳士のための「傘コレクション」
1階 イベントスペース


不安定な天気が続いている今週、そろそろ梅雨の到来を予感した方も多いのではないだろうか。平年通りであれば、梅雨入りは6月8日あたりと気象庁は発表している。傘が手放せない季節は目前だ。

というわけで、本日スタートした1階 イベントスペースでの催しは「Umbrella Collection for GENTS」。憂鬱になってしまう雨の日。心弾む、颯爽とした気分で過ごせる雨傘を取り揃えたショップだ。

小物で差をつけたい方にイチ押しなのが「DiCesare Designs(ディチェザレ デザイン)」。

特徴は傘骨の設計。長さの違う骨を組むことにより、ユニークな凹凸のふくらみをみせてくれる。一段とエレガントな雰囲気漂うディチェザレを差せば、雨の日も気分が上がりそう。

そして、スーツスタイルとの相性抜群のストライプやドット柄が揃う「Maglia Francesco(マリア フランチェスコ)」。1854年創業、イタリアの老舗ブランドだ。

レザーハンドルにあしらわれた美しいステッチは、高度な技術を持つ職人によるもの。シューズやバッグと同じようにトータルコーディネイトを考えて選べる楽しさはひと際。

さらに、紳士傘の代表格、英国の「FOX Umbrella(フォックス アンブレラ)」も。巻いた時のスリムなシルエットに魅了される男性が後を絶たない。また、差しても閉じても紳士的な佇まいが味わえるのはフォックスならでは。

期間中は、パターンオーダーも開催している。お渡しに約4か月かかるが、丁寧にお手入れすれば永く使える傘なので今からでも決して遅くないだろう。

また、長傘だけでなく、折り畳み傘も多彩に登場。特に注目が集まっているのはドイツの「Knirps(クニルプス)」。世界で初めて折り畳み傘の工場生産を開始したクニルプスは、まさに折り畳み傘の代名詞。コンパクトであることに加え、ファッション性の高さも魅力的。

ご紹介は全体のごく一部。そのほかにも様々なブランドの傘が集結しているので、この機会にぜひ足を運んでいただきたい。今年はお気に入りの傘を携えて、素敵な梅雨を過ごしてみてはいかがだろうか。


【梅雨対策関連記事リンク】
「コール ハーン」ウォータープルーフシューズ
「シューリペア工房」靴修理 基本編 ハーフラバーソール





◆ご紹介のアイテム
(写真1枚目)「ディチェザレ」開いている傘 各17,850円
(写真3枚目)「マリア フランチェスコ」レザーハンドル×ドット生地 各34,650円
(写真6枚目)「クニルプス」折り畳み傘 各6,090円
(写真7枚目)「クニルプス」折り畳み傘 各8,400円

阪急MEN'S TOKYO 1階 イベントスペース
※通常、傘コーナーは地下1階にございます

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.05.30 12:00

「HITOYOSHI(ヒトヨシ)」半袖シャツが登場
【地下1階 ドレスシャツ】


以前の記事で、HITOYOSHIの夏素材シャツをご紹介したが、この度さらに加わったのが「半袖」のアイテム。さっそくご紹介しよう。

登場したのは、イタリアンボタンダウンのシャツ。ノータイでもばっちり決まる、夏のクールビズスタイルに欠かせないアイテムだ。

生地の種類は、綿100%のシャツ生地と、綿にポリエステルを合わせて編み上げたカットソー生地が登場。

注目したいのはやはり衿まわり。第一ボタンを外して着用してもエレガントな雰囲気を損なわず、キレイなロールをみせてくれるHITOYOSHI渾身の仕上がりだ。


ストレッチ性のあるカットソー生地でありながら、立体的な衿まわりのシルエットを実現できるのはHITOYOSHIの縫製技術の高さゆえ。

ただ暑さをしのぐだけのクールビズにしたくない。そんな方に、自信を持っておすすめしたい一着。きっとこの夏手放せないアイテムになるだろう。

また、ビジネスシーンに合わせてネクタイを締めるときは、断然ニットタイがおすすめ。見た目の清涼感をアピールするならネイビー・ブルー系を。

阪急オリジナルブランド「ザ・タイ」は、絶妙な色味の違いを楽しめる豊富なカラー展開。この機会に、自分だけのシャツとネクタイのコーディネイトを楽しんでみてはいかがだろうか。

【関連記事リンク】
「HITOYOSHI」世界に誇る日本の職人が作る白シャツ
「HITOYOSHI」にブルーが登場
「HITOYOSHI(ヒトヨシ)」清涼感のあるシャツを
話題のネクタイケース&ニットタイ





◆ご紹介のアイテム
「HITOYOSHI」半袖シャツ 8,925円/9,975円
「ザ・タイ」ニットタイ 7,140円

阪急MEN'S TOKYO 地下1階
ドレスシャツ/ネクタイ

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.05.28 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ヘアサロン&ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ