阪急MEN'S TOKYO ブログ

クセになる履き心地の靴「MAGNANNI(マグナーニ)」
【地下1階 紳士靴】

3世代という長きに渡って靴作りを継承してきた「MAGNANNI(マグナーニ)」は、1954年スペイン、アルサマンサにて創業した。ひたむきに靴をつくり続け“履き心地”を追及した結果、製造工程が180にもおよぶ製法である『ポロネーゼ』へと2001年に移行する。

「手袋製法」とも呼ばれる『ポロネーゼ製法』は、裏革自体を袋状にすることで足を優しく包み込む。工程の数が多いのは“美しいシルエット”、“軽さ”や“屈曲性”までが満足を得られるための欠かせない作業だ。

単に袋状にしたからといってすばらしい履き心地の美しい靴になるわけではないのだ。すべてを丁寧に仕上げることが、結果として賞賛を得られる靴への近道なのである。

さらにマグナーニには、アイコン的デザインとなっている「オパンケ仕様」がある。

土踏まず部分のソールを、外側のサイドに巻き上げるようにしてアッパーと縫い合わせる。敢えて見せるその縫い目は、靴のウエスト部を引き締めスリムに見せてくれる。

こだわりの製法を組み合わせて作られた新作でのイチ押しは、靴の先端にあしらわれたメダリオンに金具を打ち込んだ斬新なデザインの1足だ。トレンドであるスタッズシューズを取り入れたいが、自分には少し派手かもしれないと二の足を踏んでいた方でも存分に楽しんでいただける。

スタッズのモチーフが映えるブラウンを基調としたカラーリングも、オレンジやイエローなどを含み多彩な表情である。見る角度によっても面持ちを変える、飽きのこない逸品。

ノーブルな気品漂う靴ならほかにもある。
一瞬で惹かれてしまうのは、さりげないウイングチップのデザインとカラーリングの絶妙なバランスのせいだろう。

革とライニングの間にボール状のアイテムを埋め込み、凹凸感で象ったウイングチップ。ダークなブルーやグリーンという複数の色が溶け込むのではなく、混在したカラー。まさしく、いつものスタイリングに変化を与えてくれる1足ではないだろうか。とりわけ、ネイビー系のスーツとのコーディネイトがおすすめだ。

この2足に共通する特徴は、ボロネーゼ製法とカラーリング以外に「ホールカット」がある。なぜ「ホールカット」が贅沢か。それは、革の状態がいい面を探してカットし、縫合せず靴を作り上げるからだ。革が足に馴染みやすいだけでなく、非常に贅沢なつくりなのである。

新作も続々と入荷しており、品数も豊富なこの時期に手に入れてみてはいかがだろうか。「気が付けば、また選んで履いたのはマグナーニの靴だった。」きっと、あなたもそう言ってしまうはずだ。



【関連記事リンク】
紳士靴の「マグナーニ」と「コールハーンのルナグランドチャッカ」
一瞬で惹かれる「ハリーズ オブ ロンドン」の新作シューズ
塗りのグラデーションを楽しむ「ステファノブランキーニ」の靴
速報!「チャーチ」の人気シューズと話題の新作が入荷


◆ご紹介のアイテム
(写真5、6枚目)59,850円

阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.02.28 12:00

「JACK SPADE 阪急メンズ東京」2013.02.27(Wed) OPEN!!
【4階 ジャック・スペード(ガラージュ D.エディット)】


オシャレのために我慢をする。カッコいいから不便でも使う。
できれば、そんなことはしたくない。

ありのままの自分が自由奔放に過ごしている中でも“カッコよくて実用的”。しかも長く使ってるのに飽きがこない!それが「JACK SPADE(ジャック・スペード)」だ。

ジャック・スペードは、2011年10月東京・渋谷にアメリカ国外初となる路面店をオープンした。2013年2月27日(水)東京・銀座/有楽町エリアに、国内2店舗目がオープンする。

ここまで言えばお解りだろう。「ジャック・スペード 阪急メンズ東京」である。

16年前、ニューヨーク・ウォーレンストリートの小さな工房で作り始めたのはバッグ。「実用的なアイテムは、スタイリッシュにも機能的にもなりうる」という考えの基、改良が重ねられた。

まず友人たちの意見が取り入れられたシンプルなキャンバストート。販売されてからもその姿勢を変えることなく、働く人々の使った感想に耳を傾けることを続けた。

例えハードワークであっても耐えうる機能性、素材、耐久性を追求し、COAL BAGというひとつの形が誕生した。

頑丈な24オンスのキャンバス地。作業用軍手のラバー加工にヒントを得たディップ加工(ラバーラテックス)。ワックスウエアで作られたハンドル。取り外しの可能な肩ひも。そしてジャックだけのために作られたファスナー。何より、上半分はキャンバス地で、下半分がラバーラテックスというコントラストが特徴的 だ。

バックをななめがけにし、下半分のラバーラテックスをヒップにつけることで、独特なスタイルが完成する。“使うこと”が自分をオシャレに見せてくれるバッグ、ということだ。

今では、ニューヨーカーの男性なら必ずひとつは持っているバッグとして、世界で認知されている。
さらに、革小物や服飾雑貨まで幅広く展開しており、2013年春より発売開始のウォッチコレクションも登場する。

ニューヨークのスタンダードをこよなく愛する男たちがデイリーユースしているジャック・スペードを、この春のファッションに取り入れていただきたい。


オープンを記念し「ジャック・スペード 阪急メンズ東京」で、税込24,000円以上お買上げいただいたお客様に“ニュースペーパー バッグ”(写真1枚目)をプレゼント。
数量限定で、先着順となるため、早めに足を運んでいただきたい。


ジャック・スペードの今後の最新情報は、ガラージュブログで随時更新していく。魅力的な情報満載のガラージュブログの最新情報で、誰よりも欲しいアイテムを先取りしていただきたい。

――ガラージュ D.エディットとは?
野口強氏がプロデュースする、国内外の新進クリエイターズブランドを阪急独自の目線でセレクトした世界最先端のファッションを発信し続けるクリエイティブショップ。





◆ご紹介のアイテム
ディップド コール バッグ 26,250円
ワックスウェア アトラスケース 33,600円
iPhone5用ケース 3,479円

阪急メンズ東京 4階 ガラージュ D.エディット内「ジャック・スペード」

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.02.26 12:00

阪急メンズ東京 Spring Night 2013 ~PLAY FASHION!~ vol.2

昨日に引き続き、本日も「阪急メンズ東京 Spring Night 2013 ~PLAY FASHION!」の様子をお伝えしよう。目で楽しむイベントとはまた違った、じっくりと時間をかけて楽しむイベントも大いに盛り上がりをみせた。

自分好みに調合したフレグランスを持ち帰る香りのセミナーを開催。90分かけてパーソナルカウンセリングまでじっくり行い、自分の気持ちと向き合いながら香水を創るという内容だ。香りで絵を描くように、フレグランスの香りから連想したものをライティングするという斬新な手法が印象的であった。


講師の山下文江先生に導かれ、香料という違いの見えない材料を、自分のイメージした香りに近づけるため調合する参加者の表情は真剣そのもの。「表現するアート」である香水づくりに充実した時間が過ごせたという感想を多くいただいた。


続いて行われたのは今回のイベントでもっともスペシャルなライブ&トークショーだ。香りに引き続き、今度は音楽が人々の心を捉えた。

「今までのT-BOLANとは違う音楽を届けたい。」1991年にデビューした伝説のロックバンド、T-BOLANは、ヴォーカル森友嵐士を突然襲った喉の不調により、1999年に惜しまれながらも解散。歌声を奪われた森友氏が経験した苦しみや焦りは計り知れないものだったという。長い間、病気と闘ってきた森友嵐士氏が「復活」をテーマに語る姿に、多くの人が心動かされたことだろう。

そのときの経験が彼を大きく動かし、ついにT-BOLANは再結成を果たす。さらにソロ活動でも、ピアノの倉田信雄氏と徳澤青弦氏と新たにアコースティックのトリオを編成し、新しい音楽を追求していく。この日行われたライブは、そんな彼の想いが伝わってくるものであり、新たな彼の歌の世界観に観客は魅了された。「希望を持ち続ければ、きっと未来は開ける。」こう話す森友氏の穏やかな表情が印象的な、心に残るライブとなった。

同じくライブ(=実演)で、次のパフォーマンスに胸躍らせてくれたのが、3回に分けて各階で披露された魔法使い“KOJI”のマジックショー。

目の前で繰り広げられる数々の魔法に、通りかかる人々は思わず足をとめた。決して過度では無く、さりげないけれども惹きつけられてしまうという不思議な雰囲気が人気の秘訣なのであろう。「マホウの瞬間」をみんなで共有し、全てのヒトの心の壁が溶けていく素敵な時間となった。

一夜限りのイベントとあって、華やかなファッションに身を包んだ人々も数多く見られた。さらに、8階の「美容室 コーゾーアヴェダ」では、スタイリストCHIAKIによるヘアアレンジサービスを無料体験できるイベントも。

いつもと違う手の込んだアレンジがプロの手によってあっという間にできあがり、大満足の笑顔で各階のイベントへ向かう姿が見られた。

「カーサ・ズリアーニ」のスプマンテや赤、白ワイン、そしてお馴染み「響」のペリエ割など各階ごとに次々に登場する魅力的なお酒。

スプリングナイトのためのオリジナルカクテル“Spring”が振る舞われた「シーバス18年」では列が途切れることはなかった。美酒に舌鼓を打ったほろ酔いも手伝って、イベントは大盛況のまま終幕を迎えた。

阪急メンズ東京 Spring Night 2013 ~PLAY FASHION!~ vol.2

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.02.25 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ヘアサロン&ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ