阪急MEN'S TOKYO ブログ

「ZANELLATO」「HERGOPOCH」新作2WAYショルダーバッグ
【1階 バッグ・革小物 (ザネラート、エルゴポック)】

1976年に創業した「ZANELLATO(ザネラート)」は、イタリアのヴィチェンツァを代表するハンドメイドのレザー専門ブランドだ。創業当初から変わらぬクラフトマンシップから生まれるエレガントで洗練されたレザーアイテムは、世界中の目の肥えたメゾンからも高い評価を得ている。

今回紹介するバッグは、「ザネラート」のアイコンモデルとなっている“POSTINA / ポスティーナ”の新作だ。1950年代にイタリアのポストマンが使用していたバッグをモチーフにモダンに仕上げた代表作で、丸みを帯びたデザインは、男女共に好まれるデザインとなっている。

美しく触り心地の良い牛革を熟練の職人によって薄く削ぎ落すことにより、見た目以上の軽さをバッグにもたらしている。ベルトの脱着が可能なので、コーディネートに合わせて、ワンハンドルスタイルとショルダー掛けのメッセンジャーバッグに分けて使うことができる。

シンプルなデザインながら上品さを兼ね揃えたバッグは、機能面でも嬉しいこと尽くめだ。フロントカバーを開けると、2ルームに仕切られ、ポケットを完備した整理しやすい収納スペースが広がる。さらにIDホルダーも備え付けてあるためビジネス使いにも適している。シーズン毎に生まれ変わる“ポスティーナ”は、今後も新たなファンを増やしていくだろう。


続いて紹介するブランドは、バッグ作りに半世紀を捧げた株式会社キヨモトが、2005年に“新しい時代”のバッグ作りプロジェクトとして立ち上げた「HERGOPOCH(エルゴポック)」だ。
『上質でオリジナリティがあり、使い込むほど愛着のわく“素材”』、『時代性と機能性を融和させた、独自の“フォルム”』、『堅牢かつ、丁寧で美しい“作り”』、この3つをコンセプトに、優れた職人よって発信し続けられているジャパンメイドのブランドだ。
今回紹介するバッグは、「エルゴポック」が従来とは一線を画す形で新提案する“グレイズ”シリーズの新作だ。グレイズドレザーと名付けられた革本来の風合いと発色の良さを併せ持つオリジナル素材を使用し、
気品に満ちた色合いの素材を実現した。

エルゴポックといえば、身体のラインにしっかりフィットする斜めがけのワンショルダースタイルがお馴染み。新作のバッグもワンポイントとして上品に身に付けられるウェアラブルなショルダーバッグだ。写真の様にストラップを外せば、クラッチとしてオンタイムのスタイルにも使える。コンパクトなサイズながら財布や携帯、iPad miniなども十分に収まるうえに、外ポケットや内部の仕切りで小物類を機能的に収納可能。カラーは、レッド、ブラック、オレンジ、ネイビー、ダークブラウンの5色展開。どんなシーンにも合わせることができる魅力的なアイテムだ。

「ザネラート」「エルゴポック」とタイプが違う2WAYショルダーバッグだが、ファッション感度の高い伊達男たちには、是非目に留めて欲しい新作アイテムだ。



◆ご紹介のアイテム
POSTINA 72,450円
GL-CL 25,200円

阪急メンズ東京 1階 バッグ・革小物「ザネラート」「エルゴポック」

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.07.30 18:00

感情とシーンによって履き分けるアンダーウエア。日本初上陸の「HIDDEN AGENDA」が入荷
【地下1階 アンダーウェア(ヒドゥン アジェンダ)】

日本初上陸となるアンダーウェアブランド「HIDDEN AGENDA(ヒドゥン アジェンダ)」は、シーンと感情によって履き分けることができるようにグルーピングされている。


シーンはフォーマル⇔カジュアルまでを「フォーマル」「セミフォーマル」「カジュアル」「スポーツカジュアル」「ビーチカジュアル」と5つに分類。感情は情熱的⇔冷静の軸で分類されている。ヒドゥン アジェンダはそれぞれのシーンと感情によって履くべきアンダーウエアを提案しているのだ。

それはデザイナーでもあり、創業者である“Phil Shin(フィル シン)”氏の豊かな国際経験に基づく。ソウルで生まれ、サウジアラビア、香港へと移動。そして、トムフォードやマークジェイコブスを輩出したニューヨークの名門“パーソンズ美術大学”を卒業し、名立たるファッションブランドにてデザイナーだけでなく、バイヤーとしても活躍。こうした世界中の人々との出会いが、あらゆるライフスタイルに合わせたアンダーウェア提案という全く新しい手法を生み出したのだ。

阪急メンズ東京に入荷した商品のなかから4つのデザインを紹介しよう。
最も情熱的なカジュアルスタイル“JAYDEN(ジェイデン)”。ウエストベルトに大きくロゴを配したブリーフタイプのアンダーウェアだ。

動きにフィットする安定感のあるつくりと、テンセルコットンのソフトな肌触りが最高の履き心地をもたらしてくれる。情熱を表す鮮やかな赤を身に着けることで、気分をさらに高めてみてはいかがだろうか。

インパクトのある配色のローライズは、Tバックでセクシーな仕上がり。細身のパンツのヒップラインを美しく見せてくれるはずだ。ウエストベルトには、メタリックな縁取りが施してあるため、デニムから覗くアクセントにもなる。
赤のブリーフと同じ、情熱的なカジュアルシーンに合わせる“JAYDEN(ジェイデン)”シリーズからの提案だ。


次に紹介するグループはアクティブな感情のビーチカジュアルのシーン設定の“KAI(カイ)”。デザインの最大の特徴は、しぼり染めのプリント柄だ。グラフィック感あふれる生地と、ウエストベルトやパイピングの白が、爽やかさと引締め効果を高めている。

フォーマルシーンで落ち着いた男を装いたいなら“LUCAS(ルーカス)”をおすすめする。無駄のないスリムフィットシルエットでしっかりサポートしてくれる安心のデザインだ。コットンの心地よい肌触りで、裾が返りにくい仕様なので大切なフォーマルシーンに集中できるはずだ。

 
フォーマルさの中にも情熱を秘めた大切なシーンには“DEREK(デレック)”を選んでいただきたい。メッシュ加工されたパンツは、通気性の良さとセクシーさを兼ね揃えた魅惑の一着。蒸れにくいので、商談前のビジネスマンに最適だ。


「人目にふれないアンダーウェアを意識して着こなすことで、自身のライフスタイルの礎を築いて欲しい」という想いが込められた「ヒドゥン アジェンダ」のアンダーウェア。

日本では阪急メンズだけの取り扱いなので、ぜひとも手に入れていただきたい。



◆ご紹介のアイテム
JAYDEN(ブリーフタイプ) 3,780円
JAYDEN(Tバック) 2,940円
KAI 3,680円
LUCAS 3,990円
DEREK 3,780円

阪急メンズ東京 地下1階 アンダーウェア

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.07.28 12:00

「SOPHNET.」「uniform experiment」2013-14 A/W 待望の新作が発売開始【4階 SOPH.(ソフ)】

7月27日(土)から4階「ソフ」にて展開している「ソフネット」「ユニフォーム・エクスペリメント」の2013-2014A/Wコレクション新作の発売が始まった。


「SOPHNET.(ソフネット)」
“オーセンティック”な枠の中で新しいファッションアイテムを表現するようになってきた「SOPHNET.」。デザイナー清永浩文が一番着たいもの、そしてファンの方が着たいものを作るというスタイルを貫き、今シーズンのコレクションも構成されている。今回は、入荷された中から店長注目のアイテムをご紹介していこう。

今季「ソフ」が注目しているキーアイテムは、チェスターコート。クラシックなチェスターフィールドに見えるが、エルボーパッチがアクセントに効いている。素材はコットンをベースにしているので、カジュアルシーンでも着用可能だ。伸縮素材のポリウレタンを配合することでコンパクトなフィットながら身体に吸い付くような快適な着心地だ。カラーはブラック、カーキ、ネイビーの3色展開。

続いて紹介するアイテムは、定番に一工夫加えた斬新なデザインのコットンパンツ。パンツのフロントを無地、バックをカモフラージュ生地で切り返した新感覚が魅力。伸縮性がありストレッチが効く生地は、ストレスフリーな着用感を味わえる。シルエットは、美しいバランスを堪能できるテーパードを効かせた細身の九分丈のアンクルカット。カラーはブラック、ベージュ、ネイビーの3色展開(バックのカモフラージュは全て同色)。


「uniform experiment(ユニフォーム・エクスペリメント)」
2013-14A/Wのコレクションテーマは“PHILOSOPHY”。今までに試みてきたcolor chart、U.E.NAVYといった様々なテーマをミックスさせたプロダクトを展開。ファブリックミックスや遊びのあるギミックをプロダクトの核とし、自由で常に前進し続けるまさに「ユニフォーム・エクスペリメント」らしいコレクションとなっている。

「ユニフォーム・エクスペリメント」から紹介するブルゾンは、気分に合わせてデザインを変えられるリバーシブル仕様だ。テーラードタイプのウールジャケットと、M-65という二つの異なるアウターをミックスしたリバーシブルブルゾンは、「ユニフォーム・エクスペリメント」の今シーズンのテーマを色濃く具現化したプロダクトだ。カラーはブラック(ブラック)、グレー(カーキ)、ネイビー(ネイビー)の3色展開している。

「ユニフォーム・エクスペリメント」の象徴であるカラーチャートを大胆にバックパネルに採用したシャツは、コーディネートを考える時間が楽しくなりそうだ。春夏シーズンのテーマだった“グレー”に加え今シーズンは“ブルーチャート”を加えた3パターンが揃う。




◆ご紹介のアイテム
(写真1枚目)COTTON CHESTER FIELD COAT 52,500円
(写真2枚目)CAMOUFLAGE MIX ANKLE CUT PANT 26,250円
(写真3、4枚目)REVERSIBLE M-65 BLOUSON 79,800円
(写真5枚目)BACK PANEL COLOR CHART B.D SHIRT 27,300円

阪急メンズ東京 4階 ソフ

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.07.27 11:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ヘアサロン&ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ