阪急MEN'S TOKYO ブログ

あなたのお洒落と我慢を救う”クールビズ”

大人はやせ我慢は厳禁である。例えば、きっちり見えるからといって重たく、熱苦しいビジネススーツをいやいや着るのではなく、エレガントに見えてかつ涼しい、そんな理想的なビジネススタイルを嬉々として着るべき。機能も見た目も兼ね揃えた"涼"アイテムを、阪急メンズで揃えてみてはいかがだろうか。




「HITOYOSHI」のレノ クロスシャツ 11,880円

スタイリッシュなネイビーストライプ地と、清涼感あふれるホワイトドビーストライプのカッタウェイシャツ。一見シンプルだが、実は”カラミ織”と呼ばれる特殊な織り方を採用しており、縦糸と横糸の間に小さな網目状のすき間があるのが特徴だ。それによって非常に通気性に富んでおり、さらりとした肌触りと涼感のある見た目を備えている。


こちらが”カラミ織り”、通称レノ クロス

2本の縦糸を交差させながらその間に横糸を通すことで、ごく小さな網目のすき間をつくっているのが”カラミ織り”と呼ばれるもの。風を通す構造は真夏でも快適な着心地を実現してくれる。


肌着を変えればさらに快適

右:「SEEK」のトランクス。ウエストにソフトゴムを使用し、しめつけないのにずれ落ちないという快適な穿き心地を実現したもの。上質なコットンのジャカード織りも高級感たっぷり。中:「WACOAL MEN」のトランクス。通気性の良いメッシュ素材を採用したこちらのトランクスは、前開きボタンがなく開閉が楽なのもポイント。左:「SEEK」のフットカバー。裸足感覚で見た目にも軽やかなフットカバーは、かかとに滑り止めを、足底にクッション生地を仕込んだこだわりの仕様。


涼しいネクタイも豊富にラインナップ

とはいえスーツが欠かせないビジネスマンにおすすめなのがフレスコタイ。通常のシルクと夏素材とのコンビネーションがVゾーンに清涼感を与える。右:「KUSKA」17,280円、中:「Hankyu MEN’S」10,800円、左:「Cantini」12,960円。


阪急メンズ東京 地下1階
アンダーウエア・ネクタイ・シャツ
03-6252-1381(代表)

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.04.15 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ヘアサロン&ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ