阪急MEN'S TOKYO ブログ

モテる男の入り口は“大切にしたい傘”から

良い傘をもつことは、良いライフスタイルを送る入り口でもある。なぜなら、出番がそれほど多くないものにこだわることで、見えないものにも配慮ができるようになるからだ。お洒落も、女性へのアプローチも、気が利くからこそモテる。たかが傘、されど傘。良い傘は雨の日を楽しくしてくれるだけではなく、男としてのあり方も変えてくれるのである。そういう目線で選んでいただきたいのが、皇室御用達としても知られる「前原光榮商店」だ。創業当時から変わらぬ品質と手作業で生み出される、特別な限定傘をご紹介しよう。

 

 

紳士長傘 37,584

 

新年の特別品として作成されたのは、リズミカルにコマ替えされたストライプが目を引く紳士傘。表裏ともにストライプと無地の生地が入れ替わるデザインは、既成傘にはない遊び心に溢れている。コマ替えでありながら寸分たがわぬストライプ模様に、ブランドとしての誇り高きこだわりを感じられる。

 

 

上質な傘はつくりも特別

 

さらにこちらは構造的にも特別。傘骨のみならず中棒までカーボンファイバーを採用することで、非常に軽量、かつ強靭なつくりになっている。従来よりも細身の8ミリ中棒は、傘を巻き上げた時に美しく見えるよう施された配慮だ。また傘の顔とも言える手元は、かつて魔女がほうきをつくったとされるジネストラの木。高級ステッキにも使われる素材だけあって、重厚な存在感が魅力だ。

 

 

[阪急限定]紳士長傘 108,000

 

生地、骨、中棒、手元、石突のすべてに贅を尽くした阪急メンズ限定品。驚くべきほど特別な素材と仕様であるにも関わらず、傘としての実用性にまったく妥協がない点に、「前原光榮商店」のものづくりへのこだわりが感じられる自信作だ。

 

 

特別な織り機でおられた傘生地

 

高級感あふれる漆黒の傘生地には、「真田耳」と呼ばれる傘生地専用の織り機で織られた非常に希少な生地を使用。また石突には、本水牛の角が使用されており、工芸品と呼べるほどの仕上がりだ。

 

 

傘を開くとさらに“贅”がうかがえる

 

傘骨には8本のカーボン骨を採用し、細身の洋傘らしいフォルムと耐久性を兼ね備えた。そして中棒は古来より珍重される鉄刀木(タガヤサン)を削り出して加工し、半永久的な耐久性をもっているのが特徴だ。鉄刀木は傘としての使用前例がほぼないので、これも限定品でしか存在しない仕様と言えるだろう。

 

 

阪急メンズ東京 地下1階 紳士服飾雑貨
(直通電話番号03-6252-5274

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.03 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ