「Be Stylish」 スタイルメイキングクラブ ブログ

スタイリストがオススメする秋のジャケットスタイル

一気に秋も深まり、ジャケットを着用しないと肌寒く感じるようになってきた。ビジネスウエアのカジュアル化が進む今、仕事でも休日でも着用できる「ジャケット」をお探しのかたも多いのではないだろうか。そんなかたにオススメするのがトレンド要素をさりげなく取り入れたネイビージャケットのスタイリングだ。

すでにネイビージャケットはお持ちというかたは多いだろうが、旬のデザインを取り入れたネイビージャケットを、ぜひ試していただきたい。いつもの定番的の装いも雰囲気ががらりと変わり、仕事も休日も新鮮な気持ちになることだろう。



「タリアトーレ」ジャケット 99,360円
5階 チェント・トレンタ

前寄りに入った肩線が構築的な肩を形成、半毛芯入りでクラシックなフォルムを魅せる一方で、旬のデザイン幅広11cmピークトラペルで新しさ、織り柄生地も独特の陰影が艶感をだし適度な華やかさを演出してくれるジャケット。

 

 

「PT01」パンツ 39,960円/7階 ダブルスタンダード クロージング ヒム
「アングレー」シャツ 14,040円/地下1階 カジュアルシャツ売場
「ロバート フレイザー」ネクタイ 9,720円/地下1階 ネクタイ売場
ジャケットは上と同じ

グレースラックスとの王道ビジネススタイルも、織り柄生地独特の陰影がビジネス然とした印象を和らげ、親しみ感を演出。
トレンドカラーのパープルのウールタイで洒脱な印象に。

 

 


「ベルウイッチ」パンツ 24,840円/7階 ムッシュニコル エクストラ
「グランサッソ」ニット 23,760円/6階 サードスタイル
スカーフ・チーフは参考商品
ジャケットは上と同じ

休日にはトレンドのモックネックの同色ニットをあわせ、エレガントに。
ネイビーとの相性がいいパープルやグリーンを差し色としてさり気なく取り入れて、上品な華やかさを。


トレンド、適正なフィット感などジャケット選びを迷われているかたには、ぜひスタイルメイキングクラブをご利用いただきたい。

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.10.27 12:00

洋服選びに役立つ『洗濯絵表示』~ドライクリーニング編~

ここ数日で気温も下がり、やっと秋のお洒落を楽しめるようになってきた。衣替えの際、来年もまたお気に入りの洋服を着用する為には、やはり正しいお手入れが必要である。
そこで今回は、『ドライクリーニング』についてご紹介。

ドライクリーニングとは、水を使わず、ドライクリーニング用の有機溶剤で衣服の汚れを落とす洗濯方法である。水で洗うことによって型崩れや縮み、色落ちなどが発生してしまう素材に適している。

溶剤は主に2つある。
《石油系》
一般的に利用されているのはこちら。デリケートな衣類に適している。
《パークロロエチレン》
石油系に比べると汚れ落ちは強力。
その分、生地を痛めやすいので素材によっては適さないものも。また、ボタンなどの付属品にも注意が必要。

洗濯絵表示の具体例を挙げると、

パークロロエチレン及び石油系溶剤でのドライクリーニング処理(タンブル乾燥を含む)ができる。




石油系溶剤でのドライクリーニング処理(タンブル乾燥を含む)ができる。





上記2つの絵表示はどちらも通常の処理を表しているが、○の下に付加記号である「-」横線があれば、弱い処理の必要性を表している。

ドライクリーニング処理はできない。




油汚れには強いドライクリーニングだが、汗汚れには弱いのが難点。詳しくは、次回お伝えする『ウェットクリーニング編』をご覧いただきたい。






mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.10.26 12:00

洋服選びに役に立つ『洗濯絵表示』 ~乾燥編~

前回の『漂白』に引き続き、今回は『乾燥』をご紹介。
乾燥の絵表示は、洗濯・漂白に比べ種類が多く、少し覚えにくいかもしれないが、洗濯をする上でかかせない工程の為、ぜひ覚えていただきたい。

新しい洗濯表示の『乾燥』を表す記号は□マークである。
乾燥は大きく2種類あり、洗濯物を機械の中で温風によって乾かす「タンブル乾燥」と、自然に乾かす「自然乾燥」に分けられる。


《タンブル乾燥》
□マークに中に○が入っているものがタンブル乾燥を表す絵表示である。

○の中に「・」が1つ入っているものは、洗濯処理後、低温でタンブル乾燥処理ができる。(低温乾燥:排気温度の上限は60℃)

 

 

○の中に「・」が2つ入っているのは、洗濯処理後、高温でタンブル乾燥処理ができる。(高温乾燥:排気温度の上限は80℃)

その他、○の中に「×」が入っている洗濯絵表示があるが、これは洗濯処理後、タンブル乾燥処理ができないことを表している。

 


《自然乾燥》
□マークの中に、縦線や横線、斜線が入っているものが、自然乾燥を表す絵表示である。
自然乾燥には、「平干し」「つり干し」「ぬれ干し」があり、
「平干し」とは、脱水後平らな場所に広げて干す
「つり干し」とは、脱水後ハンガーか小物干しなどにつるして干す
「ぬれ干し」とは、洗濯機による脱水や、手でねじり絞りをしないでつるして干す
ことを指す。

 

□マークの中に「-」横線が入っていると「平干し」を表している。

 

 

□マークの中に「┃」縦線が入っていると「つり干し」を表している。
縦線が1本だと「つり干し」、絵のように2本だと「ぬれつり干し」を表している。

 

 

□マークの中に「/」斜線が入っていると、「日陰」を表している。
この洗濯絵表示は、「つり干し」に斜線が入っているので、「日陰でのつり干し」ということになる。
直射日光を避け、日陰で干すことが好ましい。

 

このように、少し組み合わせを覚える必要はあるが、洋服の特徴に合わせて正しい洗濯、干し方をしていただくことで毎日の洗濯も楽しくなることだろう。

 


mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.10.01 12:00

スタイルメイキング クラブ サービスのご案内

記事検索

「Be Stylish」スタイルメイキングクラブブログとは

ゆったりとしたメンバーズラウンジで、スタイリストがお客様のご要望に応じたお似合いのコーディネートをご提案いたします。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ