「Be Stylish」 スタイルメイキングクラブ ブログ

メルセデス・ベンツにて登壇者のスタイリングをいたしました。

2月22日に都内のメルセデス・ベンツショールームにてメルセデス・ベンツの「新型GLC クーペ プレス発表会」に参加させていただきました。

今回で3回目となるメルセデス・ベンツ様とのコラボレーション。社長の上野様のスタイリングをスタイルメイキングクラブにて承りました。
今回は「GLC」と「GLC クーペ」の2台が登場。その2台のイメージにあわせてのスタイリング。
はじめの「GLC」は”アメリカ西海岸”や”グランピング”のイメージでスタイリング。やわらかな肌触りのニットジャケットやデニムのスラックス。素材や組成はカジュアルなものですが、形はドレッシーなものをチョイスし、かっちり感は残しました。
ニットジャケット アルテア(6階 サードスタイル)
デニムシャツ オリアン(6階 サードスタイル)
デニムスラックス インコテックス(6階 サードスタイル)
レザースニーカー マグナーニ(B1階 紳士靴)
続いて、「GLC クーペ」は”都会のSUV”のイメージ。ジャケットは同じニットでもダブルブレストで強いストライプのものを選んでよりドレス感の強いものに仕上げました。実は、ひとつめのスタイルとはジャケットを換えただけですが、イメージがだいぶ変わります。
また、今回は化粧品のPOLA(ポーラ)とメルセデス・ベンツのコラボレーションということもあり、同じくご登壇されるポーラ社長の横手様のスタイリングも手がけました。こちらはデニムのスーツ。シューズを白のスリッポンにすることで肩の力が抜けたゆったりしたスタイリングに。
最後に新モデルを背景にお二人で撮影。デニムをキーファブリックとし、チーフのオレンジ・靴ひものグリーンなどネイチャーカラーを差し込んでナチュラルなスタイルに。
左:
デニムスーツ チェント・トレンタ(5階 チェント・トレンタ)
シャツ ヒトヨシ(B1階 シャツ)
スリッポン アバハウス(7階 アバハウスラストワード)
チーフ 参考商品
右:
ダブルジャケット Tジャケット(6階 サードスタイル)
デニムシャツ オリアン(6階 サードスタイル)
デニムスラックス インコテックス(6階 サードスタイル)
レザースニーカー マグナーニ(B1階 紳士靴)

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.02.22 18:20

「ベリーカラー」のネクタイで秋のビジネスシーンに気合を入れる。

まだまだ暑い日が続いていますが、売場は秋のモードに。今回は「ベリーカラー」のネクタイをご紹介いたします。


「ベリーカラー」とは赤色でも青みのかかったいわゆる「ワイン」色のような色のことを指します。ネクタイでも「赤」は基本カラーとして持っておきたい一色。
真っ赤なネクタイは『情熱』を表す意味もあり、会議などの重要なここぞというときに使用するという雑誌なども見受けられます。
しかしながら、あまり「赤」が強いと主張しすぎてしまい、Vゾーン作りに苦戦してしまいます。





その点では、「ベリーカラー」は「赤」に「青み」がプラスされているので、ビジネスシーンではとても合わせやすく、かつ主張もできるというのがポイント。
スーツやシャツの色にもブルーが多いので、「青み」がかった「ベリーカラー」タイはどんなスタイルでもマッチします。
これからはコーディネート例をご紹介。



 


こちらのストライプタイは同色の織柄なのでソリッド(無地)タイに近く、力強い印象が得られますので、青ストライプのシャツと合わせたりスーツを柄の入ったものにするとと柔らかな雰囲気が得られます。






青の小紋柄が入ったネクタイはサックスブルーのシャツにネイビーのスーツで色の統一感をだすことで落ち着いた印象に。
ネクタイ自体に配色が多くあるものは、シャツとスーツの色を合わせるとまとまり感がでます。










柄の間隔の広い小紋柄の場合はそれだけでインパクトがあるのでシャツをサックスブルーにして柔らかい印象にするとビジネスの場でも目立ちすぎません。






それでも「赤」は強すぎて・・・という方には「ベリーカラー」の面積の少ないネクタイを。こちらのネクタイはグレーを挿し色にしているのでアクティブなイメージと落ち着いたイメージの双方が得られます。


秋の訪れも感じてくるようになりました、ビジネスシーンで秋の雰囲気を出したいと思ったらまずはネクタイから替えてみてはいかがでしょうか。




mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.08.18 12:54

足元スナップドットコム vol.2~スニーカー編~

前回に引き続き、阪急メンズ東京で働く販売スタッフの足元にフォーカスをあてて紹介をしていきたいと思います。今回はローファーと同様にスタッフに支持をされていた「スニーカー」をご紹介いたします。

※前回の記事はこちら↓↓↓
足元スナップドットコム vol.1~革靴編~



まずは、お手持ちのワードローブに入れておきたい、キャンバスのホワイトシューレーススニーカー。テクノロジーが凝縮した機能性スニーカーとは違いあまり主張しないので、さらりと履きこなせます。
デニムも良し、チノなどコットンパンツも良し、合わせやすさは抜群です。パンツ丈を短めにした細身のパンツと合わせればカジュアルジャケットでも合わせられます。



よく見ると、ゴムメッシュの生地を使ったスリッポン。メッシュのデザインが入ることで足元に表情が出ますし、メッシュなので通気性も○。
デニムのロールアップ幅はあえて太めにして足元に目線を持っていくのが良いでしょう。トップスはジャケットよりもTシャツなどカジュアルなものを合わせて。




スリッポンを履くと子供っぽく見えてしまうという方には、こんなレザースニーカーもおすすめ。メッシュ素材を使うことでラグジュアリーな装いに。
トップスはカジュアルシャツやジャケット、ジレなども好相性となります。




スリッポンは装飾性の少ないシンプルなシューズなので、実はモードテイストのコーディネートにはうってつけです。
全身をモノトーンやネイビーなど単色でまとめるとモード感が際立ちます。


 

こちらは白一色のコットンのスリッポン。まさに「ズック」のイメージになりがちですが、モードテイストに着こなせばかなりの洒落者に。写真のスタッフは化繊素材の黒の”シャカシャカ”スーツに写真のシューズを合わせていました。素材はカジュアルなものですが、スラックスの裾はダブルに仕上げてかちっと感を出しながらもシューズで”はずす”。
上級テクニックですね。

 

今回は、「スニーカー編」と題してスナップを撮ってみました。
売場を見渡すと今年はスリッポンスニーカー、流行っています!
「スリッポン」が「ズック」にならないように足首の出し具合やパンツのロールアップに気を使って今年の夏を楽しんでください。

 

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.07.19 10:00

スタイルメイキング クラブ サービスのご案内

記事検索

「Be Stylish」スタイルメイキングクラブブログとは

ゆったりとしたメンバーズラウンジで、スタイリストがお客様のご要望に応じたお似合いのコーディネートをご提案いたします。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ヘアサロン&ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ