「Be Stylish」 スタイルメイキングクラブ ブログ

“涼しさ”を感じさせる洋服選びⅡ

暑い夏に“涼”を感じてもらえる洋服選びのポイントをご紹介する2回目のテーマは“色”です。見る人にも身に着ける自分自身にも涼しい印象を持ってもらう“色”のコーディネイトへの取り入れ方をご紹介いたします。


【ベースアイテムに使う色は「ブルー」】
涼しい色の代表は、なんと言っても「ブルー」。
水の色であり、氷の色であり、風の色でもあるブルー。濃淡によっても印象は変わりますが、ブルーが持つ爽やかで涼しいイメージをコーディネイトのベースに用います。


【ブルーに足す色は「ホワイト」】
ブルーとともに涼しい印象を持つ色の代表格は“ホワイト”です。ただし、ホワイトのアイテムをベースに用いたコーディネイトは汚れや透けが気になり、少々難易度が高く勇気が必要なものです。
そこで、ベースアイテムのブルーに挿し色としてホワイトを足したコーディネイトで清潔感と清涼感を両立させましょう。
涼しさに加え、濃いブルーを使えばより男性的に。淡いブルーを使えば優しい印象になります。

●アウターの白は単色では使わない
ブルー×ホワイトのギンガムチェックのジャケットがいかにも涼しげな印象を与え、濃紺のシャツをインナーに合わせることで男らしいさも表現できるコーディネイト。
チーフもネイビー×ホワイトドットを使い、全体的にマリンリゾート風に仕上げました。

「ケント&カーウェン」
ジャケット 17,325円
シャツ 8,400円


 

●インナーの白は面積を大きく使う
ネイビーブルーの凹凸感が涼しげなジャケットに、ホワイトベースのボーダーカットソーを組み合わせたカジュアルなコーディネイト。
ボーダー柄は海を連想させ、涼しげで爽やかなイメージを持っています。
トップスがネイビー1色なので、インナーはホワイトの分量を多くすることで涼しさの印象を上げることが出来ます。

「ケント&カーウェン」
ジャケット 24,675円
パンツ 13,230円
カットソー 6,195円



●ワンポイントの白を意識する
ブルーのジャケットにサックスブルーのニットシャツを合わせたブルーグラデーションのコーディネイト。ポイントはあえて、無地で統一すること。柄が重なると暑い印象につながってしまいがちです。爽やかなブルーはシックにまとめると涼しさもアップ。
コーディネイトにホワイトを使わなかった場合でも、ワンポイントにホワイトを使うことを意識してください。胸元のチーフをリネン素材のホワイトチーフにすることで、涼しさと清潔感を合わせたコーディネイトが完成します。

「エドワーズ」
ジャケット40,950円
ニットシャツ 7,140円
チーフ 2,940円

夏だからこそ、色を使って涼しげに装うコーディネイトを工夫してみてはいかがでしょうか。

mixiチェック Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.07.26 13:00

スタイルメイキング クラブ サービスのご案内

記事検索

「Be Stylish」スタイルメイキングクラブブログとは

ゆったりとしたメンバーズラウンジで、スタイリストがお客様のご要望に応じたお似合いのコーディネートをご提案いたします。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ヘアサロン&ネイルサロン
  • Fashion Snap
  • 阪急メンズ東京 twitter
  • 阪急メンズ東京 マイレージカードのご案内
  • 阪急メンズ大阪

▲ページトップへ