表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

大人の小物は「ディースクエアード」で遊び心という味付けを

夏の小物にはちょっとしたスパイスというか、遊び心のようなものが欠かせない。纏うアイテム数が少ない分、小物は単なる合わせではなく個性をアピールする重要なアイテムになるからだ。それを新作で体現してくれているのが「ディースクエアード」の小物たち。同ブランドらしい遊び心に富んだ小物は、オシャレを楽しんでいる雰囲気を小面積でもしっかりとアピールしてくれる。

 

 

ジャイアントスニーカー ¥190,080

 

「ディースクエアード」史上最大のボリュームというだけでもインパクト抜群だが、こちらはさらに鮮やかなカラーパレットを散りばめることで無二の個性を演出するスニーカー。Wシューレースなど“盛りのディテールもふんだんに注入されているので、ゆるいシルエットのパンツやスポーティーなスタイルの主役に。ヒールには左右それぞれにデザイナーのディーン&ダンの名前をデザイン。

 

 

ボディバッグ ¥71,280

 

美しいレザーとPVCポケットのコンビネーションが、大人のスポーティーを体現するボディバッグ。ボクシーな形でシルエットとしても存在感が漂う。大胆なデカストラップは、歩くたびにゆらゆらと揺れて非常にアイコニックなので、歩くほどモテるボディバッグだ。

 

 

ボディバッグ ¥136,080

 

ベルトの先端が服の袖のようになった「ディースクエアード」らしい遊び心あふれる逸品。腰に巻いた際、反対側からはブルゾンを巻いたように見えるのが実にユニーク。さらに旅上手なら1泊2日の旅行にも行けるほど大容量であるのもほかにはないメリットだ。

 

 

ジャケットとの相性も抜群

 

実際に着用するとこんな感じ。前に回せばジャケットの開きに綺麗に収まり、肩から斜めがけすれば小さいバックパックのような印象にもなる。軽装になるほど着こなしのアクセントになってくれる、夏に理想的なボディバッグだ。

 

阪急メンズ東京 2F ディースクエアード

(直通電話番号03-6252-5328

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.24 07:00

メガネマニア垂涎の「スピークイージー」

阪急メンズ東京の7FBARがあるのをご存知だろうか。寛ぎのBARとアイウエアショップ、この2つを融合させた革新的な空間、それが「スピークイージー」。1940年代〜50年代のフレンチヴィンテージだけを集めた贅沢すぎるセレクトは、お目に掛けることすらなかなかない貴重なモデルばかり。そんな「スピークイージー」から今日は、粒ぞろいの個性派サングラスをご紹介しよう。

 

 

7Fに突如BARが出現!?

 

ゆったりと寛げるBARカウンターに、アイウエアセレクトショップを融合させたかつてない空間「スピークイージー」。禁酒法時代の“もぐり酒場を意味する店名には、お酒を楽しみながらゆっくりとアイウエア選びを楽しんでもらいたいという願いが込められている。ヴィンテージのスパニッシュチェアなど、価値あるインテリアも必見だ。

 

 

70'S ヒルトンクラシック ¥77,760

 

14金の板を巻きつける“14金張りによって、強く美しいゴールドフレームを有するクラシックボストン。セル巻きによる暖かみのあるマーブルリムと、クールなブルーレンズのコントラストによってインパクトのある目元に仕上げてくれる。

 

 

40'S フレンチヴィンテージ パリジャン ¥199,800

 

驚愕の価格の理由は、いまはなき貴重なフレンチアセテートセルロイド製フレームゆえ。金属の芯を一切使わない処理によってセルロイド本来の美しさ、艶、味わいを引き出してくれる。時が経つほど価値が高まる至高の逸品だ。

 

 

50'S フレンチヴィンテージ パントゥ ¥83,160

 

珍しいパープルのレンズカラーが、存在感とともに妖艶で怪しげな雰囲気を演出してくれる一本。クリアフレームによってパープルの色がより際立つので、夏の軽やかな着こなしのアクセントに最適だ。顔なじみの良いパントゥ(=ボストン)シェイプも魅力。

 

阪急メンズ東京 7F スピークイージー

(直通電話番号03-6252-5490

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.22 07:00

誰にも似ていない「トム フォード」の腕元

本ブログを読んでいるあなたは、オシャレを積極的に楽しんでいる人だと思う。その日の予定や気分、会う人によって着こなしを変えていることだろう。そうしてオシャレを楽しんでいる人にほど、強烈におすすめしたいのが「トム フォード」の機械式時計だ。第2弾となる今作は、シンプルを極めることであらゆる着こなしにマッチすることを最大の持ち味としたもの。その仕上がりは、時計がシーンごとに付け替えるものであることを忘れさせてくれるだろう。

 

 

N.002ケース:¥432,000 ストラップ:¥81,000

 

シェイプされた丸みのあるケースによって、ドレスウォッチのようなエレガントな空気感を獲得した「N.002」。一見シンプル、されどソレとわかるさりげない個性を宿すデザインに、「トム フォード」の巧みな手腕を感じさせる。デニムからドレスアップまで、ワクワクと心浮きたつ使い手の想像力を掻き立てる究極のシンプルといえよう。

 

 

シンプルな個性を実現するこだわりのディテール

 

柔らかな光沢を放つラウンドケースに収まるのは、ミリタリーテイストのアラビアン数字と視認性の高い針。実用性の高い視認性は、針の先端をそれぞれ時針は丸く、分針は断ち切ることで生まれる緩急によって得られている。ひっくり返せば裏ぶたからは、“TF”と刻まれたローターが印象的な、機械式ならでの精巧なムーブメントをのぞくことができる。

 

 

付け替えストラップ ¥30,240

 

もうひとつこの時計の忘れてはならない大きな特徴が、引き通し式の付け替え可能なストラップだ。よくあるフック式と違って時計をはじめて扱う人でも簡単に交換することができ、色も素材も多岐にわたる。カーフ、メッシュ、ワニ革に加え、今作ではポニー、グログランが追加され全5種類に。ストラップを購入するごとに新しい時計を手にいれた気分で楽しめるので、ストラップをコレクションするのも楽しいだろう。

 

 

専用レザーケース ¥118,800

 

出先でも付け替えを楽しみたい!というあなたには、こちらの専用レザーケースがおすすめ。ストラップバンドを左右3つずつ備え、6種類のストラップをスマートに持ち運べる。例えば旅先で、朝、昼、晩と時間で付け替える、なんてオシャレな使い方も可能だ。

 

阪急メンズ東京 3F トム フォード

(直通電話番号03-6252-5339

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.21 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)