表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

華やかで優雅な香り“フローラル系”のフレグランスを総特集
【1階 メンズビューティー】

春の装いにおすすめの“フローラル系”フレグランスは、甘く華やかな香りでソフトな印象を演出できる香水だ。花々の優雅な香りは気持ちを落ち着かせてくれ、上質な時間をもたらせてくれる。

■「FLORIS(フローリス)」
英国王室御用達のフレグランスメゾンとして、気品のある香りが歴代の国王や女王に愛されてきた「フローリス」。1730年の創業から引き継がれている伝統的な製法と上質な香料を使ったフレグランスは多くの人に親しまれ続けている。

フローリス創設者の故郷である地中海メノルカ島をテーマにしたオードパフューム「シレーナ」は、明るい日差しや爽やかな風を感じさせる甘酸っぱく優しいフローラル・マリンの香りが特徴的だ。
爽やかなマリンのトップノートから、オレアンダー、ピオニー、ローズの華やかな香り、さらにラズベリーやブルーベリーなど夏を代表するサマーベリーの甘酸っぱい香りが、心地良い海風に乗って運ばれてくる様子を表現している。

爽やかなマリンテイストなので、ドライブに出掛ける時など気分転換したいときにおすすめだ。


■「L'artisan Parfumeur(ラルチザン パフューム)」
1976年にパリで創業し、最高品質の香料にこだわった本物志向のフレグランスメゾン「ラルチザン パフューム」。ブランド名は“香りの職人”を意味する。上質な香料と独創的なクリエーションによって生み出されたフレグランスは、香りのある美しいライフスタイルを提案している。

南仏の太陽がそそぐ夢の庭園をひらひらと舞う蝶々をイメージし、“ちょうちょをつかまえて”というネーミングのオードトワレ「シャッセ オ パピオン」。
みずみずしく咲き誇るジャスミン、オレンジフラワー、チュベルーズの花々が繊細で優しい香りを引き立て、ラストは菩提樹の花の香りが清らかに甘美な余韻を残すフローラルフレグランス。

明るい光の差し込む空。街路樹の並木道から花屋に抜け、持ち帰るのは恋人への花束と自身のフローラルな香り。そんな休日の友にしていただけることだろう。


■「atelier Cologne(アトリエ・コロン)」
独創的なアイデアと研ぎ澄まされた感性から生み出されるアーティスティックな香りの世界を表現している「アトリエ・コロン」。2009年に設立し、わずか4年で世界20ヵ国で展開されるようになった今注目の新進フレグランスメゾン。

開け放たれた窓から、午後の光が差し、そよ風にのってオレンジの香りが漂ってくるのをイメージしてつくられた「グラン・ネロリ」。クリーンなハーブの香りが漂う中、エレガントなオレンジの花の香りを包みこむ、優しくロマンティックな香りが特徴的だ。

オレンジのフレッシュさを感じさせる「グラン・ネロリ」は、ビジネスシーンにも使用できる甘すぎない爽やかな香りが魅力的なフレグランスだ。持ち運びに便利な30mlのミニボトルもあるので、専用のレザーケースとセットで揃えるもおすすめ。


他にも、フローラル系のフレグランスは「ボンド・ナンバーナイン」「ペンハリガン」「ザ ディファレント カンパニー」とラインナップがずらりと揃っている。

華やかで上品でリラックス感の高いフローラルフレグランス。オフの休日にはもちろんのこと、ビジネスマンがほっと息をつけば、そこがリラックスタイムになるような――そんな日常の相棒にしていただければいいだろう。そんな時間を大切にすることで、肩肘の力が少し抜けた、大人の男としての余裕というものが出てくるに違いない。


【フレグランス関連記事リンク】
ハーバルでフレッシュな春の香り“グリーン系”のフレグランスを総特集



◆ご紹介のアイテム
「フローリス」
シレーナ(100ml) 18,900円

「ラルチザン・パフューム」
シャッセ オ パピオン(50ml)12,600円/(100ml) 16,800円

「アトリエ・コロン」
グラン・ネロリ(30ml) 7,875円/(100ml) 15,750円
30ml用レザーケース 2,625円 

表示価格は、消費税率5%時の税込価格です。
2014年4月1日以降のお渡しは、本体価格に新税率8%の消費税を加えてお支払いいただきます。


阪急メンズ東京 1階 メンズビューティー

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.03.20 08:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ