表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

エフェクターから最新作が登場!待望のラウンド型も。【4階 エフェクター】

クラシックな雰囲気と、ロックテイストを落とし込んだデザインが特徴の「EFFECTOR(エフェクター)」から最新情報が届いた。まず目を引いたのは新作のラウンド型「liquid(リキッド)」だ。

メタルフレームでは目にすることが多いラウンド型だが、「エフェクター」らしい肉厚なフレームで今回満を持しての登場。強めの印象が今らしさを表している。

ラウンド型で柔らかい雰囲気を与えながらも、フレーム自体が骨太なため、かけたときには強さも個性的に印象付ける。ラウンド型をクラシカルなインテリに収めるのではなく、ロックなテイストを忘れないのが「エフェクター」らしい魅力だ。

こちらは、エフェクターらしいフォルムの新作ウェリントン型「MARS(マーズ)」。

直線的になり過ぎないボリュームあるフォルムが、定番ながらも個性の光る一本。オン・オフ共に合わせるスタイルを選ぶことの無いウェリントンは、アクセサリーとして添えるだけでコーディネートを引き締めてくれる万能な存在。

従来、厚さ8ミリのフレームがエフェクターの特徴でもあったが、今回の新作は全て厚さを6ミリにしている。一見すると分からないくらいに、クラシックで重厚感のあるボリュームはそのままに。しかしフレームは軽く馴染ませやすくなっているため、アイウエア初心者に向けてもオススメしたい限り。

既にウェリントンをお持ちの方も、かけていただければその雰囲気の違いを体感していただけることだろう。

先のウェリントンよりも少し上部にボリュームを持たせてつり目気味にした「CONTORTION(コントーション)」。ベーシックなウェリントンに飽きたなら、やや無骨なこちらのタイプがいいだろう。ヴィンテージ感もプラスしてくれているので、雰囲気たっぷりに合わせていただけること間違い無し。

新作は全てサンプル品なため、誰より早く手に入れたいならば予約が必須。実際にお試し頂けるサンプルが入荷しているため、ぜひ一度店頭でお試しいただきたい。

ところで「エフェクター」では度付きのアイウエアも作れるというのはご存知だろうか。機器を常備しているため、視力もショップで測定可能だ。
※度付きレンズは別料金。

写真の度付きは実際に店長の私物なので、レンズやコーティングの種類なども用途に応じて経験者に相談するのが一番だろう。

ファッションに合うアイウエアがなくてコンタクトの上に伊達をかける、そんな悩みはもう必要ない。実用もトレンドもエフェクターで自身にピッタリなものをチョイスしていただけることだろう。



◆ご紹介のアイテム
「リキッド」 28,080円
「マーズ」 23,760円
「コントーション」 23,760円
※全て新作はサンプル品につき予約購入(2014年4月7日現在)
お渡しは4月後半~5月を予定

阪急メンズ東京 4階 エフェクター

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.04.07 15:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ