表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

万年筆だから伝わる新年のご挨拶

いつもならボールペンですませるところを、「書いている時間も優雅にしたい」というニーズからこのところ人気が再燃しているのが、万年筆。均一ではないインクの濃淡が、画一的なボールペンにはない”温かみ”を吹き込んでくれる。昇進、就職、入学のお祝いなど、大人になるほど多くなる「挨拶」という習慣を特別なものにしてくれる、世界限定生産の最上級万年筆3本をご紹介しよう。

 


 

「パーカー」万年筆 デュオフォールド蒔絵 鶴と松 324,000

 

卓越したクラフツマンシップと極上の書き心地によって「世界で最も愛されるペン」と称される「パーカー」。今回ご紹介するのは、世界に188本しかない稀少性の高さと、鶴と松の蒔絵が刻まれた縁起の良さが新年にふさわしい一本。漆で仕上げられた艶やかな専用ボックスに納められている。

 


 

美しく繊細で、縁起の良い「鶴と松」

 

ボディというわずかなスペースに施された繊細な蒔絵は、長寿と家運隆盛を意味する”鶴”と、不老長寿を意味する”松”。ダイナミックに羽ばたく鶴と、堂々と根をはる松に、「パーカー」ならではのクラフツマンシップを感じる芸術品だ。


 

 

「パーカー」万年筆 デュオフォールド蒔絵 センテニアル 流水 388,800

 

2本目の最上級万年筆は、日本限定生産77本というさらに稀少なモデル。古来より聖なるものとして扱われてきた水を小川の流れとして表現した、最も古い歴史をもつ文様のひとつ“流水紋をデザイン。光沢のあるコーティングを実現するため、伝統的な漆塗り様式が複雑に融合されており、自然共生という美学とデュオフォールドの視覚的な美しさが融合した、まさしく芸術的一品だ。

 


 

「パーカー」万年筆 デュオフォールド蒔絵 鯉 324,000

 

滝に挑む金色に輝く鯉が漆黒のボディに立体的に浮かび上がるこちらは、世界限定生産288本。鯉は苦難を乗り越える勇気や尊厳の象徴として描かれており、新しい年を迎えるにふさわしい縁起物だ。光沢のある蒔絵と輝かしい斑点がかった梨地加飾が見る者の目を奪う。

 

 

阪急メンズ東京 地下1階 ステーショナリー
(直通電話番号 03-6252-5333

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.12.26 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)