表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

注目の新鋭靴「ガジアーノ&ガーリング」

イギリスの新鋭ブランド「ガジアーノ&ガーリング」をご存知だろうか。とかく歴史の長さが評価の対象とされがちな紳士靴の世界において、創業から13年足らずで世界に認めさせたその実力は本物だ。ビスポーク靴のみでしか見られなかった手法を積極的に取り入れ、ジョン・ロブやエドワード・グリーンと並び評される「ガジアーノ&ガーリング」の新作をみてみよう。

 

 

セントジェームス ¥194,400

 

イギリス本国で一番人気の高い、クオーターブローグ。TG73ラストとの黄金比率を追求して配されたパーフォレーションとスクエアトゥが「ガジアーノ&ガーリング」らしい端正な仕上がりだ。ヒールカウンターの形状にもこだわりとさり気ない主張を感じる、ブランドの代表するモデルだ。

 

 

オックスフォード ¥194,400

 

シンプルなキャップトウの一足は、創設者のひとりディーン・ガーリングの生まれ年が由来のスマートラウンドラストDG-70を採用。「ガジアーノ&ガーリング」のラインアップの中でもよりクラシックな顔立ちが特徴で、ユーティリティに履きこなせる。

 

 

ロジャーズ ¥345,600

 

同ブランドの上級ライン、DECOラストを採用した最上級モデル。ミニマルな装飾と流れるようなフォルムが、ダイヤモンドトゥと呼ばれる「ガジアーノ&ガーリング」の独特のトゥデザインを引き立て、美しいつま先を演出してくれる憧れのモデルだ。

 

 

そんな「ガジアーノ&ガーリング」の特別なPO会を開催

 

今回阪急メンズ東京では、本国サヴィルロウストアの店長を招いた特別なパターンオーダー会を開催。約40枚のスワッチから好きな素材をセレクトできるうえ、通常国内展開のないこちらの3型をオーダーすることも可能だ。パティーヌ実演も行われるので、靴マニアには見逃せないイベントとなっている。

 

阪急メンズ東京 5F ジャーミンストリート ブリティッシュシューズ

(直通電話番号03-6252-5276

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.04.26 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)