表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「ストレイシープ」で見つける、新しい“ヴィンテージ”の魅力

ヴィンテージウェア、と聞くと、どうしても古着と思ってしまうだろう。確かに古着ではある、が、ヴィンテージだからこそその一着にはその時代の息吹や時の流れが深く刻み込まれている。その中には、現代のファッションに影響を与えたものも数多くあるし、オシャレをすることが嫌いなのでなければリスペクトを発見することもできるだろう。そうした楽しみを見出してほしいという想いをもつオーナーがヨーロッパから買い付けたヴィンテージウェアを扱うのが、「ストレイシープ」だ。

 

 

「ボンマルシェ」のドレスシャツ ¥24,624

 

襟がダメになったら下方から生地を切って、襟を作成できるよう長い着丈になっている。これが元々のドレスシャツのディテールだ。こちらは襟のない変形シャツだが、その長い着丈は本来ドレスシャツであったことを示している。フランスの百貨店「ボンマルシェ」で実際に着用されていたというシャツは、今の時代にマッチするリラックス感が特徴だ。

 

 

「バーバリー」のコート ¥213,840

 

イギリス製を基本とする「バーバリー」の、珍しいフランス製ステンカラーコート。フランスでの生産期間は短いため、良好な状態で現存するのは非常に希少と言える。前たてや襟元、袖口には美しい使用感があり、「バーバリー」のラベルも美しく保たれている。

 

 

ショーツ ¥12,960

 

昨今トレンドとなっているグルカショーツの原型とも言える、実際に官給品として支給されていたヴィンテージショーツ。プリーツが前後それぞれ4つずつ配されたゆったりとしたシルエットは実にいまどきで、2重持ち出しや縦長のベルトループなど意匠で差別化ができる。

 

 

ブーツ ¥75,384

 

フランスかベルギーで製造されたと思われる編み上げのブーツは、非常に美しい状態で残っているのが魅力であり希少。アッパーのレザーはよくなめされており柔らかく、重量こそあるがそれがまた本物ならではの雰囲気を醸してくれる。

 

阪急メンズ東京 7F ストレイシープ

(直通電話番号03-6252-5434

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.07.16 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)