表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

水際の攻防戦を制する、モテるオトコの“水陸両用”

スイムウェアはスイムウェア、リゾートウェアはリゾートウェア、なんて考え方はもう古い。ここにご紹介するスイムウェアは、その洗練されたデザインからリゾートウェアとしても兼用できるもの。つまり、リゾートシーンはこれ一枚で、プールからホテル、街までカバーできるということ。今夏の旅行で使わない手はない。

 

 

「ティキ」のスイムウェア ¥17,280

 

2004年にイタリアの世界的ファッションコレクション“PITTI”で華々しいデビューを飾った、オールメイド・イン・イタリーの「ティキ」。ナポリで一番美しいとされるPOSILLIPOの四季折々の景観からインスパイアされた柄を、超軽量の素材でプリントした洒脱なスイムウェアだ。こちらは全面にプリントされた細かな錨のモチーフと、水際で映える発色の良いイエローが目を引く新作。

 

 

「ティキ」のスイムウェア ¥17,280

 

こちらは爽やかなブルー地に、色とりどりのペイズリー柄を組み合わせたイタリアらしい柄が魅力。大人のショーツの絶対条件である膝上丈や、絶妙にフェードした色っぽい色合いなど、大人の男を格好良く演出する術を心得たバランスはさすが。

 

 

「シーワード&スターン」のスイムウェア ¥20,520

 

「ティキ」の対抗馬としてオススメなのが、こちらの英国ブランド「シーワード&スターン」。元はネクタイブランドというだけあって、シーズンごとに変わるオリジナリティーに溢れた柄や大胆な色使いは、日本ブランドにはない世界観だ。サーフを楽しむキリンのプリントに蛍光ピンクのドローコードが、水際でも街でも格好良く映える。

 

阪急メンズ東京 B1 アンダーウェア

(代表電話番号03-6252-1381

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.08.03 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)