表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

本国から買い付けた「レアな1点もの」が揃い踏み!

「クロケット&ジョーンズ」「エドワード グリーン」と言えば、誰もが知る王道中の王道。ゆえに、人と被ることはある程度仕方ないと諦めているあなたに朗報が。5Fのジャーミンストリートでは、この2ブランドのバイヤーセレクションが開催される。そこに並ぶ19足は、なんとバイヤーが本場英国の工場に入り、メーカーにあった1点商品を買い付けてきたもの。すなわち、被らない王道というわがままが叶うというわけだ。日本ではなかなかお目にかかれないレア物ばかりなので、完全に早い者勝ち。お早めのご決断を!

 

 

「エドワード グリーン」その

 

まずは「エドワード グリーン」の9足のうち5足を。中でもおすすめなのは、一番左の「ドーヴァー」(¥222,480)。「エドワード グリーン」の中でも特に人気のあるモデルで、カントリーカーフに耐久性の高いダイナイトソールを採用している。カントリーテイストを楽しめる一足だが、ドレスカジュアルなどキレイ目なスタイルに合わせると、靴の格好よさがより一層際立つはずだ。

 

 

「エドワード グリーン」その

 

スリップオンタイプがこちらの4足。本国だからこそ手に入ったレアなデザインや、人気定番モデルのレア素材などが揃っている。右の黒スエードなどは今期注目の素材なので、チェックされては。

 

 

「クロケット&ジョーンズ」その①

 

お次は「クロケット&ジョーンズ」の10足のうち5足を紹介。こちらは一番左のローファー“CADMORE”がイチオシだ。アンライニングの柔らかなカーフ素材は足あたりがよく、フィット感も申し分ない。ドレスからカジュアルまで幅広く履きまわせる一足だ。

 

 

「クロケット&ジョーンズ」その②

 

「クロケット&ジョーンズ」の紐靴タイプがこちらの5足。ドレスシューズが2足、チャッカブーツが5足というラインアップだが、チャッカブーツも今季注目のアイテムなので、バイヤーの審美眼の高さが伺える。今季一足揃えておくつもりなら、このバイヤーセレクションを見逃す手はない。

 

阪急メンズ東京 5F ジャーミンストリート ブリティッシュシューズ

(直通電話番号03-6252-5276

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.09.10 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)