表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「オーダーサロン」で手軽に“特別”を

冬の主役であるコートには、ラグラン、チェスター、アルスターなど実に様々な形があるが、「なんとなく」で選んではいないだろうか。コートのルーツやディテールの意味を知り、そこに自分なりのオリジナリティを加えればコートはもっと楽しいし、愛着も湧くというもの。ということで今日のテーマは、アルスターコート。イギリスの上流階級の旅行用コートとして誕生した一枚を、4Fの「オーダーサロン」で特別なアルスターに仕立てた。

 

 

ウール×カシミヤ アルスターコート ¥363,000

 

素材にウール×カシミヤ素材を使用した正統なネイビーのアルスターコート。大きくしたラペルによってどっしりとした風格と貫禄が漂う一枚に。そのため3ピーススーツとも相性が良く、ビジネスシーンで自信をまといたい時に最適だ。ターンナップしたカフが腕元にアクセントを添えてくれる。

 

 

アルスターの特徴である大きな上襟

 

アルスターコートの大きな特徴が、下襟よりも大きく、角度の急な上襟。これによってコートに風格を与えている。コートが登場した1896年のロンドン当初では、旅行ができる身分であることをアピールするために貴族に愛用されたというのが、このディテールに宿っているのだ。

 

 

デニム風 アルスターコート ¥295,900

 

「オーダーサロン」の実力を見せてくれたのが、こちらのデニム生地風のアルスターコート。素材にはしっかりとしたウール素材を使用し、デニム風に仕上げている。スーツに合わせればビジネスのちょっとしたハズしにも使えるし、美しいインディゴブルーなのでニットと合わせてカジュアルスタイルでも使える。オーダーならではの“アレンジ”によって、振り幅の広さを獲得したアルスターコートだ。

 

 

もう一つのアルスターのディテール“インバーベント”

 

上襟と下襟のバランスの他に、もう一つアルスターの特徴として挙げられるのが、この“ベルト”と“インバーベント”と呼ばれる縦に大きく入ったスリットだ。元来旅行用コートであるため、ベントを長くすることで背中の可動域を広げ、旅先でも動きやすいようになっている。デニム風のウール生地がゆらゆらと揺れる様は、実にエレガント。

 

阪急メンズ東京 4F オーダーサロン

(直通電話番号03-6252-5122

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.11.04 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)