表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「ヴィンタイム」で始めるヴィンテージウォッチの世界

腕時計をより魅力的に見せるもの、それは何においても“経過した時”だ。刻まれた深い味わいは、時を重ねることでしか得られない。されど、良いものをずっと使い続ける“素敵な男”を演出してくれる大切なエッセンスでもある。7Fの「ヴィンタイム」では、そんなヴィンテージウォッチの中でも19401970年代製の実用的なモデルを中心に取り扱っているので、初心者でも安心して購入できるのが人気の理由だ。

 

 

「ロレックス」の『エアキング』 ¥308,000

 

現存する最古のペットネーム(愛称)として知られる『エアキング』。ノンクロノメーターでありながら、「ロレックス」が20年以上採用してきた信頼のキャリバー1520を搭載しているので、これからも末長く愛用できる一本だ。1977年製、自動巻き。

 

 

「オメガ」の『シーマスター クロノグラフ』 ¥550,000

 

5060年代の特徴である尖った針とインデックスが、どこかシャープな印象を与える「オメガ」の代表モデル。あのNASAにも採用された信頼のモデルで、スピードマスタープロフェッショナルの初期型にも採用された名機、キャリバー321を搭載する。ブレスレットが男らしい。1962年製、手巻き。

 

 

「オメガ」のコンステレーション×チューラーのWネームウォッチ ¥162,800

 

スイスの老舗高級宝飾店「チューラー」とのダブルネームウォッチ。ベースとなっているのは厳格なクロノメーター規格を通過した名キャリバー、564を搭載した『コンステレーション』で、ネイビーのレザーストラップが上品な印象をプラス。ビジネス、フォーマル、カジュアルと幅広く使える。1967年製、自動巻き、ステンレスケース。

 

 

IWC」の『トノー式ペラトン』 ¥188,000

 

アリゲーターの型押しを施したブルーストラップが印象的なこちらは、IWC史上最も信頼性の高いムーブメント、8541Bを採用した『トノー式ペラトン』。3時位置に実用的なデイト表示を採用し、ケース、ダイヤル、針、全てにおいて非常にコンディションが良い貴重な一本だ。

 

阪急メンズ東京 7F ヴィンタイム

(直通電話番号03-6252-5451

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.11.19 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)