表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「1000マイル歩いても壊れない」名作ワークブーツ
【地下1階 WOLVERINE(ウルヴァリン)】


―1000マイル歩いても壊れない―

そんなキャッチフレーズとともに、1908年に販売がスタートしたウルヴァリンの1000マイルブーツをご存知だろうか。

「ソールとアッパーは鋼のように硬く、履き心地はシルクのように柔らかい」と、当時のアメリカのワーカーから賞賛されたという1000マイルブーツ。アメリカンカジュアルスタイルやヴィンテージデニム、ワークシューズなどに精通するファッションピープルが「とにかく佇まいがめちゃくちゃカッコイイ!」と目を輝かせる、永遠の名作ブーツだ。

そんな1000マイルブーツに新たなモデルが加わったのでその模様をお伝えしよう。

クラフトマンシップを感じるウィングチップには新たなカラーが登場。存在感たっぷりのツートンカラーも。1000マイルブーツは、販売当初から変わらないグッドイヤーウェルト製法で作られており、現代風のアレンジとしてヒール部分に滑りにくいビブラムソールを採用。

ぜひお試しいただきたいのは、武骨なルックスからは想像できないほどソフトな履き心地。また、履き込むほどにレザーの風合いが増すので、ぜひ長く大切に履きたいところ。

そして注目は、1000足限定生産でそのうち日本限定50足というモデル。革は米国ホーウィン社のコードバンだ。今の時代だからこそ味わえる贅沢なアイテム。スペシャルシューケアセット付きというのもうれしい。阪急MEN'S TOKYOにもわずかしか入荷していないので、気になる方はお早めにチェックしていただきたい。


1000マイルブーツのほか、白のラバーソールが爽やかな雰囲気の今シーズン新作も登場。ウルヴァリンならではのクラシカルなスタイルに現代的なテイストを加えたカジュアルシューズは、夏のスタイリングにぴったりだ。

ウルヴァリンは120年以上の歴史を持つアメリカのブーツファクトリー。熟練した職人の丁寧な手仕事によって、今も堅牢なシューズがつくり続けられている。ぜひこの機会にウルヴァリンのシューズをお試しいただき、アメリカ開拓時代の残り香を感じ取ってみてはいかがだろうか。


【ウルヴァリン フェア】
期間:2012年4月24日(火)まで


新作を含め、期間中のみ取り扱うモデルもご紹介しております。


また、期間にかかわらずウルヴァリンの30,000円(税込)以上のシューズをお買上げの方に、オリジナルのミニシューケアセットをプレゼントいたします。

※プレゼントは予告なく終了する場合がございます








◆ご紹介のアイテム
(写真1枚目)各57,750円
(写真2枚目)各59,850円
(写真4枚目)178,500円
(写真5枚目)各18,900円~19,950円


阪急MEN'S TOKYO 地下1階
紳士靴「ウルヴァリン」

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.04.19 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ