表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

新年のスタートに「大峽製鞄」という“とっておき”を

新年のスタートは新しいバッグで始めたい。そしてそれには、自分自身納得して使える、こだわりが詰まった逸品が良い。そんなバッグ通のあなたにぜひ手にとっていただきたいのが、皇室の薬箱や学習院の鞄制作を手掛ける老舗「大峽製鞄」だ。歴史と格式に裏打ちされたものづくりに触れれば、2020年は今年よりもっと“イイ仕事ができるはず。

 

 

細マチ ダレスバッグ ¥220,000

 自立し、多くの書類を持ち運ぶことに長けたダレスバッグは、何よりもそのクラス感のある佇まいが魅力。さらに「大峽製鞄」のソレは、スリムデザインによって重すぎるという懸念を払拭した自信作だ。職人がグリースとオイルを手で直に浸透させたブリティッシュ・ブライドルレザーは、使い込むほどに艶が出る。W42×H29×8cm

 

 

幅8センチというスリム設計

 「ダレスバッグは重い…」そんなイメージを感じさせないスリムデザインが特徴。その薄さわずかに8センチ。これだけ薄マチなので、持った時の立ち姿がスマートに見えるだけではなく、不意に小脇に抱えても収まりが良い。ダレスバッグに興味はあるけれどという初心者の方におすすめだ。

 

 

ブリーフケース ¥286,000

 シボの表情が美しいブリーフケースは、“一泊出張の荷物をコンパクトにまとめる”というコンセプトで作られた絶妙なサイズ感が特徴。表革には、元来エルメス社用として開発されたジャーマンシュリンクレザーを採用。強度や堅牢性など、非常に厳しい基準をクリアした最高級レザーだ。

 

 

モテるブリーフは開けても格好良い

 こちらのブリーフケースは、世界的テキスタイルデザイナーの梶原加奈子とのコラボレーション。バッグを開くと現れる、オシャレなクチュールテキスタイルのライニングとダブルネームのコラボタグがその証。人前でバッグを開きたくなる完成度の高さだ。

 

阪急メンズ東京 B1 バッグ・革小物

(直通電話番号03-6252-5287

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.28 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)