表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

阪急メンズが考える、賢いブーツの選び方

今、靴選びはオンオフ兼用が当たり前。それはブーツ好きのあなたとて例外ではなく、ブーツでもちゃ〜んとオンオフの兼用は可能だ。ブーツのオンオフ使いができれば、いつでもどんな時でもスタイリッシュで大人っぽい足元を楽しめる。ということで今日は、形別にオンオフ兼用可能なブーツを、イチオシブランドでおすすめしていこう。

 

 

「ジャランスリウァヤ」のサイドゴアブーツ ¥39,600

昔からフォーマルシーンでも親しまれてきたサイドゴアブーツを、ハーフラバー仕様のTIMOラストと丸みのあるトゥで、程よくカジュアルに味付けされた一足。オンオフどちらのスタイリングにもマッチしやすい。

 

 

「ストラチッタ」のサイドジップブーツ ¥34,100

ジップを内側に配すことで、着脱が容易ながらもビジネスシーンで履けるエレガントさも併せ持つサイドジップブーツ。ほっそりとした見た目に反し、足入れが良いゆとりのあるボールジョイントはリピーターからの信頼が厚い。黒とネイビーのスエードという珍しいカラーも印象的な足元に。

 

 

「トリッカーズ」のトランピングブーツ ¥88,000

“ブローグ”と呼ばれる甲部分の装飾が特徴的な「トリッカーズ」が、創業190周年を記念して送りだす限定モデル。初期のカントリーブーツを復刻させたもので、ブローグのないすっきりとしたトゥデザインはジャケパンスタイルにも合わせやすい。各色世界限定190足の超レアブーツだ。

 

 

「ユニオンインペリアル」のチャッカーブーツ ¥47,300

最も万能なブーツといえば、やはりチャッカーブーツだろう。エレガントなアンクル丈によって、ワークブーツではなくドレスシューズの延長として履けるので、最初のブーツとして太鼓判を押せる。中でも国産ブランドのこちらは、日本人の足に合わせた作りで、幅をもたせたラストと美しいシルエットを両立しているのが魅力。

 

阪急メンズ東京 5F ドレスシューズ

(直通電話番号03-6252-5276

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.01.15 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)