表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「ストレイシープ」の掘り出し物すぎる靴

真新しい新品の靴よりも、手入れされた古い靴の方が好印象であるのは、おそらくそこに清潔感や物持ちの良さ、丁寧さといった誠実さを感じ得るから。そこに男の嗜好性をプラスして提案してくれる「ストレイシープ」のヴィンテージシューズは、サイズが合えば間違いなく買い!の超掘り出し物ばかりだ。

 

 

パラブーツ ¥38,280

1908年創業のフランスシューズメーカー。大きな飾り穴は今の「パラブーツ」ではなかなかお目にかかれない珍しいもので、デニムにも合わせやすいカジュアルな雰囲気が魅力。Uチップやチロリアンなどのデザインが多いブランドなので、パンチドキャップトゥのドレスシューズというのもレアな一足だ。

 

 

トリッカーズ ¥38,280

光沢美しいキャラメルカラーのレザーに、カントリーテイストが強いブランドが作った、カントリーを感じさせないセンターエラスティックシューズ。おそらく80年代のもので、当時のカジュアルラインの呼称と思われる“コーニッシュというネームがブランド名とともにインソールに配されている。オールドならではのスクエアトゥで、ぽってりとした印象は逆に今新鮮だ。

 

 

オールデン ¥43,890

80年代に使用されていたオールドロゴが入った「オールデン」のタッセルシューズ。トラッドシューズを作りながら矯正靴の分野も開拓した老舗であり、その歴史はアメリカントラッドの歴史といっても過言ではない。甲部分に刻み込まれたシワと、磨き上げられたトゥが、あなたの足元をシブ〜く演出してくれる。

 

 

ジョン ロブ ビスポーク ¥162,800

この靴と同じサイズであるあなたが羨ましい! そう思わざるを得ない貴重な「ジョン ロブ」のビスポークシューズ。ベースとなっているのはチャーチル首相が愛したサイドエラスティック『レイジーマン』で、インソールにはエリザベス女王、エディンバラ公、チャールズ皇太子の3人のロイヤルワラントが刻まれている。ビスポークのみを扱う通称“ロブロンドンの品である、作り・革質ともに絶品である証明だ。

 

阪急メンズ東京 7F ストレイシープ

(直通電話番号03-6252-5434

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.03.03 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)