表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「ミッドセンチュリー モダン」のおしゃれすぎるギフト

おしゃれなギフトが欲しいのなら、おしゃれなインテリアショップに行くのが最短にして最善、ということを実感させてくれるのが、7Fの「ミッドセンチュリー モダン」だ。訪れるたびに入れ替わるアイテムには、贈る人の心も踊らせる高揚感がある。今日は、新たにラインアップした「Bitossi」の陶器をご紹介する。

 

 

Bitossi」の『Rimini BluNo.139 ¥35,200

イタリア・リミニの街からみるアドリア海のブルー。そんなロマンあふれる名の由来を持つのが、アルド・ロンディが1946年当時のライフスタイルに合うようデザインした『Rimini Blu』。制作に工業的な手法を取り入れたことも当時は斬新であり、「Bitossi」の発展を支えた代表作だ。作品には全てナンバーがつけられているのもユニーク。こちらはNo.139

 

 

Rimini Blu』はバリエーションも豊富

ほどよいサイズ感で、置く場所に困らないのも『Rimini Blu』がギフトに向いているメリット。そのモチーフは太陽などの自然からアニマルまで幅広くラインアップされていて、モチーフに贈り手の想いを込めることができるのも楽しい。「ミッドセンチュリー モダン」では計24種類をラインアップしている。

 

 

Bitossi」の『Design Series』 ¥46,200

もう一人、「Bitossi」の発展に大きく貢献した人物がいる。それがこの陶器の作者、若き日のエットレ・ソットサス。のちにイタリアデザインの世界的評価を高めた巨匠になる人物で、彼の若き日の貴重なオブジェだ。白と黒で構成されたモダンなオブジェとして。左からNo.500501502

 

阪急メンズ東京 7F ミッドセンチュリー モダン

(直通電話番号03-6252-5491

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.03.07 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)