表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

ジャケパンにおしゃれ心をちょびっと添える“シューズ&ベルト”

言うまでもなく、ジャケパンは大人の定番コーデ。ビジネスのカジュアル化が進むここ数年ではビジネスシーンでも受け入れられており、ますます“ハズせない”スタイルとなってきている。ここでモテる男が選択するのが、スーツでは楽しめない、自由度の高い足元&腰元。キーワードは“ドレスダウン”だ。

 

 

「チェントフェリーナ」のコインローファー ¥26,400

まずは“色”で巧みなドレスダウンを図れる、「チェントフェリーナ」のカラースエードローファー。発色の美しいスエードと、イタリア男の色気が漂うロングノーズシルエットは実に相性が良く、ジャケパンスタイルのスラックスの足元を華やかに彩ってくれる。複数持ちしてパンツの色で履き替えるとなおおしゃれ。

 

 

「ベンソンシューズ」のダービープレーン ¥50,600

お次は“素材”でドレスダウン。それが、シボ感際立つグレインレザーを使用したダービープレーン。モロッコ生まれのブランドで、クラシカルなデザインとぽってりとした丸いシルエットがジャケパンに好相性な一足。ソールにはウェアライトラバーソールを採用し、見た目に反した驚きの軽さが自慢。

 

 

「アンダーソンズ」のレザーゴムメッシュコンビベルト ¥20,900

初対面で意外と見られているのが、腰元。ジャケパンにはマストアイテムでありながら、世の中にはスーツの時と同じものを着まわししている男性がほとんどなのが現状だ。そんな中、例えばこのレザーとゴムメッシュがコンビになった一本を合わせていると、ジャケパンを楽しんでいるおしゃれな人、という印象に一変。存在感と快適性を備えた自信作だ。

 

 

「コラート」のリザード×ゴムメッシュベルト ¥14,300

シンプルなメッシュベルトと思いきや、根革と先端にリザードレザーをあしらった、さり気ない個性と存在感を放つ逸品。クロコではなくリザードであるがゆえに、ビジネスシーンにおいても遊び心として社会的常識の範疇に収まるのがポイントで、メッシュデザインと相まって涼し気な腰元になる。

 

阪急メンズ東京 5F ドレスシューズ・ベルト

(直通電話番号03-6252-5276

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.03.29 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)