表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

そろそろスニーカーからスリップオン? -シューズマニアのスリップオン特集

この数年でシューズクローゼットの中がスニーカーで溢れかえったという方の中には、「そろそろ革靴も履きたいな〜」なんて思っている人もいるのではないだろうか。とはいえスニーカーで甘やかされっぱなしの足元に、いきなり紐靴はちょっと…。ということで今日は、革靴なのに気楽に履けて、スーツにカジュアルにと使い勝手の良い「スリップオン」に改めてフォーカスしてみよう。

 

 

「クロケット&ジョーンズ」のタッセルローファー ¥90,200

まずは王道タッセルローファー。「クロケット&ジョーンズ」の『キャベンディッシュ3』は、丸み、ノーズの長さ、タッセルサイズとあらゆるものが絶妙に程よい。つまり、使いやすいベストバランスで構築されている。通常6モデル展開のこちらを、期間限定で12モデル揃えるので、すでに持っている人もきっと2足目が欲しくなるはずだ。

 

 

「ジーエイチバス」のコインローファー ¥25,300

ローファーといえば、世界で初めてローファーを生み出したブランド「ジーエイチバス」の一足が間違いのない選択。ベーシックながらも色っぽい光沢を放つザ・コインローファーであり、マッケイ製法の軽く快適な履き心地が持ち味。そして変わらぬクオリティーと価格には脱帽させられる。

 

 

ヴァンプローファー 左「マグナーニ」 ¥58,300、右●「ジャランスリウァヤ」 ¥37,400

一切の装飾を排除した潔さが、かえって素材の良さを引き立てるヴァンプシューズ。飾らないシンプルファッションが好みのあなたに履いて欲しいスリップオンだ。カジュアルが多いあなたには、丸みのある愛らしいフォルムの「ジャランスリウァヤ」を、もっぱらスラックス派のあなたにはシャープで洗練された印象の「マグナーニ」がおすすめだ。

 

 

タッセルローファー 左「ヤンコ」 ¥61,600、中「ベンソンシューズ」 ¥50,600、右●「リーガル」 ¥28,600

タッセルローファーはアメリカの弁護士が好んで履く靴としても知られ、ビジネスシーンにも向いているのが特徴だ。特にこちらに選出したドレッシーで華やかな3ブランドは、スーツに合わせればエレガントな大人の雰囲気を演出してくれる。仕事人間ではない洒落っ気が、かえって仕事がデキそうに見える、というわけだ。

 

阪急メンズ東京 5F ドレスシューズ

(直通電話番号03-6252-5276

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.06.14 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)