表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

”書く”が特別な行為になる至高のペン - B1F「ステーショナリー」のペン -

毎日何気なく行っている行為が特別なことになる、というのは、デイリーに豊かさを感じることができるため非常におすすめ。肌着の素材にこだわってみたり、傘で贅沢してみたり。例えばペンにストーリーを込める、というのもそのひとつ。特別なペンは”書く”という当たり前の行為に豊かさをもたらしてくれるのだ。



「ピニンファリーナ」の『SPACE(スペース)』 ¥18,700

宇宙船の中で使用するために開発されたのが、この『SPACE(スペース)』。紙とペンの酸化作用を利用することで筆跡を残すことができるハイテクな一本で、実際にISS(国際宇宙ステーション)で使用された実績をもつ。惑星の軌道をイメージしたペンスタンドが付属し、デスクの上で宇宙を感じることができ、インテリアとしても◎。



「ビスコンティ」の『ヴァン・ゴッホ コレクション』

ボールペン ¥34,100、万年筆 ¥37,400

ゴッホの自画像の中でも最も著名な一枚へのオマージュとして作製された『ヴァン・ゴッホ コレクション』。ナチュラルレジンを使用して職人が切り出した配色は、ふたつとして同じものは存在しない唯一無二のもの。ボックスには名画「自画像」が忠実に再現され、ヴァン・ゴッホの世界観にどっぷりと浸ることができる。



[日本限定]

「レオナルド オフィチーナ イタリアーナ」の『ノスタルジア』

ボールペン ¥19,800、万年筆 ¥25,300

イタリア古来の果物メログラーノ(ざくろ)や、ポルトフィーノという小さな村の海など、イタリアの文化や風土を思い起こさせるカラーを再現した美しいペン『ノスタルジア』。文字を書きながらイタリアの情景を感じられる。



「ピナイダー」の『アヴァター ウルトラレジン』 万年筆 ¥22,000

ペンによって書き出された言葉が自らを投影した分身である。そんなことを思わせてくれる名を冠した「アヴァター ウルトラレジン」。ペンリングにはフィレンツェの地平線のモチーフを刻んであり、「ピナイダー」というブランド自身が240年の歴史を刻んできたフィレンツェのアヴァターであることも教えてくれる。


阪急メンズ東京 B1 ハンカチ・ステーショナリー

(直通電話番号03-6252-5333)


mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2021.09.13 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ