表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

阪急MEN'S TOKYO(阪急メンズ・トーキョー)
父の日スペシャルギフトセレクションPARTⅠ

6月17日(日)は父の日。普段言えない感謝の気持ちを、モノに籠められたストーリーが紡ぐメッセージとしてギフトに託してみてはいかがだろうか。
阪急MEN'S TOKYOから【永く使ってほしいから“本物”を贈りたい】【永く愛され続ける“名品達”】【愛用品を永く使ってもらう為の“ケアグッズ”】の3つのテーマでこだわりのギフトをセレクトしてみた。


【永く使ってほしいから“本物”を贈りたい】
長く使えば使うほどやわらかさと艶を増し、自分好みになじんでくるのが上質な革製品を所有する楽しみだ。
阪急MEN'S TOKYOを代表する3つのブランドからギフトとしてお勧めする革小物をご紹介しよう。(右から)

■「WARMTH CRAFTS(ウォームスクラフツ)」名刺ケース14,700円
キングオブレザーとも謳われるコードバンで名を馳せる「ウォームスクラフツ」。繊維密度の高いコードバンは軽さと引裂きに対する強靭を併せ持つ。内装も馬革を使用するこだわり。
■「GANZO(ガンゾ)」ファスナーコインケース24,150円
なめされた革にロウを塗りこんで仕上げられるブライドルレザーのファスナーコインケース。通常よりも手間隙をかけてつくられるブライドルレザーは耐久性に優れる。
■「MAISON TAKUYA(メゾンタクヤ)」カードケース21,000円
上質な革を厳選しハンドメイドにこだわるメゾンタクヤからは、非常に洗練された天然のシボを持つ極上素材のジャーマンシュランケンカーフがお勧めだ。非常にソフトで曲げ伸ばしにも強い特徴を持つ。
●すべて1階バッグ・革小物

同じく革製品からベルトもご紹介したい。ウォームスクラフツ同様、世界を代表する馬革製造メーカー新喜皮革製のコードバンを使用したベルト。全4色の展開があるので好みの色を選ぼう。(皮革製品にはメンテナンスを推奨する。革に合ったメンテナンスを選んでケアしたい。)

■「PRARE(プレリー)」コードバンベルト 13,650円
●地下1階ベルト


毎朝の髭剃りの時間が楽しくなる、そんなグルーミングセットもお勧めだ。1945年ドイツはシュトゥツェングリュンにてミュラー社の記念すべきシュービングブラシが生まれて以来、革新的な企業に成長しつつも多くの工程を伝統的なクラフトマンシップに基づいた手法を守る、いかにもドイツ的な造形美と機能性を併せ持つブランド「ミューレ」。

■「ミューレ」シェイビングセット 35,700円
高品質なブラックレジンを使用したセット。ミューレならではの極上の使い心地が味わえる上質なアナグマの毛を使用。ドイツ製。
●1階メンズビューティー


【永く愛され続ける“名品達”】
1世紀を超える歴史が裏付ける確かな品質。絶え間ない技術の継承とゆるぎないポリシー。さらには時代に合わせたフレキシビリティーなど時代を超えてなお愛され続ける名品を特別なギフトとして贈ってはいかがだろう。

1795年、香水産業発祥の地、南仏グラースでフランソワ・ランセによって始められた香水ハウス「ランセ」。皇帝ナポレオン・ボナパルトやその妻ジョセフィーヌに献上した香水で名声を確立する。フランスの歴史と高貴な香りに思いを馳せてみるのも悪くない。


■「ランセ」オードパルファン 50ml 各10,500円(右から)
□トリオンフ…コルシカ島の出身であったナポレオンが愛した島に漂う、彼にふさわしい香り。その名も“トリオンフ”=勝利の意。
□ル・ヴァンカー…ナポレオン1世に献上した“征服者”という名の香り。シトラスが男らしく上品に香る。
□フランソワ・チャールズ…ナポレオン1世の息子に献上した。若者の清廉な志のように、優しくフレッシュな香り。
□ル・ロワ・エンペラー…皇帝そして王と呼ばれ、栄華を極めたナポレオンを称えて…。フレッシュかつ力強い香り。
●1階メンズビューティー

ペンが走ると気持ちも乗ってくる。そんな感覚を誰もが一度は感じたことがあるのではないだろうか。名品ステーショナリーは最適な重量感としっくりとくる手持ち感、滑らかなペンの走りを文字通り実感できるだろう。(右から)

■「パーカー」インジェニュイティ 21,000円(パーカーが開発した、今までの万年筆やボールペンの概念とは異なる新しいジャンルの筆記具)
パーカーは1888年アメリカで創業。後に英国に移転。英国王室御用達を授かるほどそのクオリティーは高い。1939年発売のパーカー51は当時ペン史上最も完璧なペンの異名をとった。
■「ペリカン」スーベレーンM600万年筆 39,900円
1832年ドイツで絵具を製造したことが始まり。1929年に筆記具の製造をはじじめるや、透明ペリカン万年筆の販売やサーマル・インク・フィールドの開発など常に時代を牽引してきた。
■「アウロラ」オプティマボールペン 34,650円
1919年にイタリア、トリノ市で創業されたイタリア最初の万年筆メーカー。筆記具として初めてニューヨーク近代美術館(MOMA)に永久展示、保存されたメーカーとして有名。スタイリッシュさでは他の追随を許さない。
●すべて地下1階イトーヤ・ウィズ・ユナイテッドアローズ


今年の夏はスーパークールビズの夏でもある。オフィスや通勤時での節電への意識も高まるばかりだ。
そんなビジネスマンの父親に贈りたいギフトは“涼”。携帯にも便利な日本を代表するアイテムでもある扇子はぜひ、こだわたっものを厳選したいところだ。

京扇子として享保三年(1718年)に「金屋孫兵衛」の屋号で西本願寺前に開業した寺院用扇子の店が始まりといわれる老舗中の老舗「白竹堂」。

■「白竹堂」扇子10,500円
写真の扇子は黄櫨染(こうろぜん)。1,200年前、天皇のみに身に着けることが許された幻の彩、黄櫨染。太陽の光によって色が変化し、陰影と立体感が浮き出る。
●地下1階イベントスペース


【愛用品を永く使ってもらう為の“ケアグッズ”】
大切な人の愛用品だから。もっと永く大切に使ってもらいたいの気持ちを籠めてメンテナンスグッズを選んでみよう。

今や、メンテナンス自体が“趣味”として捕らえられるシューケア。大切なこだわりのシューコレクションを時間をかけてメンテナンスする。磨きこむほどに輝きと艶を増す課程は至福の一時でもある。

■「ブート ブラック」バラライカセット 15,750円
(内容:シュークリーム2種、デリケートクリーム1種、レザーローション1本、ポリッシュ2種、ジャーマンブラシ2種、竹ブラシ2本、グローブシャイン1枚、クロス2枚)
●地下1階シューリペア工房



靴にとってのシューキーパは洋服にとってのハンガーと同じ。一日の汗を吸収し、型崩れを防ぐキーパはシューケアアイテムの代表格といえる。
汗を吸収するために木製のキーパをお勧めしたい。マッケイ製法にはねじ式(中央)、グッドイヤー製法にはばね式(右)。

■シューキーパ 18,900円/10,500円/9,975円
(左から)
●地下1階シューリペア工房

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.06.03 18:26

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ