表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

水際の攻防戦を制する「スイムウェア」 - B1F「アンダーウェア」のスイムウェア特集 -

モテる男の場合、水際の攻防戦とは比喩ではない。文字通りプールサイドやビーチでの攻防戦を意味している。裸で手ぶらの水際は、言うなればごまかしが効かない静かなる男の戦場。そこでなんとなく水着を選ぶのか、お洒落をアピールできる水着を選ぶのか。夏を満喫できるかどうかの分かれ道はそこにある。


69SLAM」のメンズサーフパンツ ミディアム丈 ¥9,680

視線をさらう非常にアイコニックな一枚は、まさしく水際の攻防戦を制する「スイムウェア」の代表格。水着としてだけではなくBBQ、フェス、レギンスと合わせればキャンプシーンやトレーニングウェアにも良いだろう。お尻にはジップポケット付き。

 


69SLAM」のメンズサーフパンツ ミディアム丈 ¥9,680

おなじく「69SLAM」らしいアイキャッチーな総柄のミディアム丈ボードショーツ。ミントブルーにフルーツをカットした図柄がユニークで、リゾートホテルのプールサイド、海ですべからく人目を集めてくれるはず。上記同様ウエストゴムではなくドローコードで締める腰で履くタイプのスイムウェア。

 


Seaing」のボートショーツ ¥6,490

ネイビーボディにさまざまなジャンクフードを散りばめた柄は、遊び心に溢れていながら大人っぽいデザイン。両サイドはメッシュポケット、バックポケットには水抜きのためのハトメを装備し、ウエストはイージー仕様。インナーにナイロンシリーズのボクサーを履けば、これ一枚で家→街→海をフルカバーしてくれる。

 


Seaing」のボートショーツ ¥2,530

こちらがインナーにオススメのナイロンシリーズ、ボクサータイプのボードショーツ。スイムウェアの下に履けばそのままプール、海へ入れて、スイムウェアのまま街にも出られる。速乾性があるので洗濯物が乾きにくい冬場含め年間を通して活躍してくれる。


▼お問い合わせはこちら▼

阪急メンズ東京 B1 アンダーウエア                 (代表電話番号03-6252-1381)


mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2022.07.13 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ