表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

ワンランク上の履き心地
【地下1階 アンダーウェア「OLAF BENT(オラフベンツ)」】

皆さんはウェアを選ぶとき、何を基準に選んでいるだろうか。

デザインやブランドはもちろんだが、素材、着心地やこだわったものづくりなどがランクに入るだろう。

わたしにとっては、肌触りが最優先だ。特に、直接身に着ける肌着はそうである。
そこで地下1階 アンダーウエアに登場した「OLAF BENT(オラフベンツ)」を紹介しよう。


ドイツを代表するこのブランドは、高品質を保つため、全て自社工場での生産。徹底的なクオリティチェックを行うなど、ものづくりに対するこだわりがある。

独特な薄さのファブリックと、立体的なパターンによる履いたときのラインの美しさが最上級だ。

体の動きを邪魔しないこの感覚はスポーツのときも、長時間のデスクワークで座っているときも快適で、いいとこ取りのアンダーウェアなのである。

今期から新しくコレクションに加わったレギンスモデル。スポーツ時のアウターとしても使用できる優れもの。このレギンス、阪急MEN'S TOKYOだけの限定販売だという。追加の入荷予定が今のところはないので、早めに手に入れていただきたい。


最近、細身のシルエットでラインのきれいなパンツをよく見かける。そんなパンツと相性抜群なのがTバック。
窮屈感がダメだ、という方はぜひトライすることをオススメしよう。


履いていることすら忘れる感覚とは、まさにこのこと。ラインを崩さずスリムなパンツもすんなり履ける。履いたら鏡の前で動いて確認していただきたい。
人気のレオパード柄で男らしくキメるのがいい。


赤をメインカラーとするオラフベンツの出す色合いは、白とのコントラストが華やかである。

パイピングの効いたエレガントなデザイン。スイスコットンを使用したプレステージラインで、しなやかなのに高密度でハリがある履き心地。やみつきになることまちがいなしだ。

素材かデザインか、はたまたカラーか、存分に悩んでいただきたい。
まずは選ぶ基準を左右し得る肌触りを、阪急MEN'S TOKYOで試してみてはいかがだろうか。




◆ご紹介のアイテム
レギンス 9,975円
Tバック(レオパード柄)3,990円
ボクサーブリーフ 各6,090円
ボクサーブリーフ(イエロー)5,040円

阪急MEN'S TOKYO 地下1階 アンダーウェア「オラフベンツ」

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.08.24 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ