表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

お気に入りのデザインはそのままでジャストサイズにリメイク
【5階 リメイキングサロン】

早いところではクリアランスが始まり、福袋も気になる方もおられるのではないだろうか。買ったものの、デザインは気に入っているがサイズが合わないという方、まだあきらめないでいただきたい。

この時季、阪急メンズ東京 5階のリメイキングサロンでは、ブルゾンやジャケット、コートの相談が増える。

中でも多いのは、袖口に装飾のある袖の丈直しだ。袖丈直しは、袖口で丈を詰めるだけでなく、肩から袖を外しアームホールに合わせて袖丈を短くする方法がある。

こだわりのディティールはかなり魅力的だ。本切羽の額縁仕立ての袖口は、できればジャストサイズで美しく着こなしたい。


もちろん、開き見せ袖でもベルト付きでも、袖口のデザインはそのままに袖丈だけ短くするのがベストだろう。

写真1枚目のように、切り替えの立体デザインやファスナーがあしらわれたアームは、よりシャープな着こなしを表現してくれる。しかし、袖が長くてはせっかくのデザインが台無しだ。

見本として紹介したアイテムは、すべてアームホールからの袖丈直しができる。

これらを参考に、まずは相談してみてはいかがだろうか。

もちろん、開き見せやベロ・ベルト付きの袖であれば、跡残りはあるものの袖口からの袖丈直しもできる。技術者に直接見せて、自分の希望を述べることが美しいリフォームへの近道と言えるだろう。

リメイキングサロンは、受付カウンターに隣接した工房でリフォーム・リメイクを行っており、技術者が直接承る。その場で、生地の状態や全体のバランス、作りを見て総合的に判断するので安心だ。

生地の劣化がなければ、シルエットの変更もできる。「シルエットが古くて着なくなってしまったけど、いい生地を使っている」という手持ちのコートなどは、ぜひ甦らせて再び袖に手を通していただきたい。
●レザージャケット袖丈(肘の切り替え線で詰め) 15,750円~
●ジャケット開き見せ袖丈・額縁セッパ(袖口から詰め) 4,725円~
●ジャケット袖丈(肩から詰め) 6,300円~
●コートベロ付袖丈(袖口から詰め) 3,675円~
●コートベルト付袖丈(袖口から詰め) 4,725円~
●コート袖丈(肩から詰め) 8,400円~

※素材によって割り増しがあります。
※数ヶ所をセットでリフォームする場合、1ヶ所だけのリフォームとは単価が変わります。
※リフォーム期間は約1~3週間。生地やデザインによって異なります。
※生地が弱っている場合や、2サイズ以上ダウンさせるなどできない場合がございます。
※メンズ以外のアイテムもご相談を承ります。
詳しくはリメイキングサロンにお尋ねくだい。


阪急メンズ東京 5階 リメイキングサロン

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.12.29 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ