表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

花粉対策に最適な「マッキントッシュ フィロソフィー」のスプリングコート 【5階 MACKINTOSH PHILOSOPHY】

裏表2枚の綿布の間にゴムを入れた特殊な防水素材「ラバークロス」。スコットランドの化学者チャールズ・マッキントッシュがそれを考案したのは190年あまりも昔の話だ。

ラバークロスは約8年かけて改良された。雨風を通さないだけでなく保温性と機能性に優れた「マッキントッシュクロス」となり、ヨーロッパ中に広まるのである。

今では、英国を代表するアウターウェアの老舗ブランドとして、世界で本物志向の人々に愛されている。

そして2007年、MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュ フィロソフィー)が誕生する。マッキントッシュの持つ上質なモノづくりの精神と、クラシック&コンテンポラリーな美意識を受け継ぐディフュージョンブランドである。

この春、マッキントッシュ フィロソフィーに登場したスプリングコートは、その精神や技術を受け継いだ証しともいえる高機能を備えている。

最近、花粉情報がニュースや天気予報でも、語られるようになってきた。そこにお目見えしたのは、花粉がコートに付着しても“花粉アレルゲン”の働きを抑制する機能のあるコート。

素材に「アレルビート®」というアレルゲン抑制加工が施してある。繊維の1本1本に抗アレルギー特殊加工剤を被覆してあり、アレルゲンを包み込んで働きを抑制するという代物だ。(※アレルビート®は東レ合繊クラスターで開発されたアレル物質対策素材です。)

24時間で花粉アレルゲンが大幅に抑制され、一度抑制されたアレルゲンは再飛散してもアレルギーの原因にならないという。
家に帰ってから自分のコートに付着した花粉でのアレルギー症状に見舞われる心配が減りそうだ。

上品で滑らかな素材は、マッキントッシュ フィロソフィーの定番コート「リンゼイ」のデザインでスタイリングも幅広い。
機能だけでなく、スッキリしたシルエットのON・OFF使えるスプリングコートは花粉症を抱える人々にとって最適な1着と言えるだろう。

花粉について語ってきたが、それだけで終わらないのがこのコート。
撥水性も高く、その先の雨の季節にも重宝する。長時間の着用も気にならないほどストレッチ性も高く、シワにもなりにくいうえ、家庭での洗濯も可能だ。

カラーはなんと4色。花粉にお困りなら、ビジネス用にネイビーを確保し、休日用に春らしい明るいカラーと、2着を使い分けたいぐらいだろう。
今年は花粉の飛散量が増える傾向にあると予想されている。
まずは、店頭で花粉の到来を想像しながら試着してみてはいかがだろうか。


【マッキントッシュ フィロソフィー関連記事】





◆ご紹介のアイテム
ヴァーチャレックスツイルコート 39,900円

阪急メンズ東京 5階 マッキントッシュ フィロソフィー

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.01.31 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ