表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

“パターンオーダー”で仕立てる スリーピースのスーツ【5階 紳士服】

いま、スーツを新調するならスリーピースをおすすめしたい。見た目のクラス感に加え、着こなしに男性らしさが漂うからだ。

フランコ・プリンツィバァリー

スーツ(パターンオーダー)118,800円 ジレ(パターンオーダー)32,400円

 

ウォームビズのシーズンでもエレガントさを損なわず、クールビズではジャケットを脱いだときもラフになり過ぎない。ただし、スリーピースこそフィット感が大事なので、パターンオーダーで仕立てるのが肝要というわけだ。

肩から襟元にかけて吸い付くような美しいフォルムを描く「フランコ・プリンツィバァリー」のジャケット。世界屈指のイタリアのサルトリアの技術を受け継ぐパターンは、その男らしくしなやかな曲線で纏う人を美しくみせる。

今回のパターンオーダーフェアでは、通常のラインナップに加え、インポート生地が充実。初めての方でもエントリーしやすい、阪急限定生地も特別価格で並ぶ。

ポールスチュアート

スーツ(パターンオーダー)145,800円 ジレ(パターンオーダー)32,400円


国内自社工場にて仕立てられるのは「ポールスチュアート」のパターンオーダースーツ。

既製のスーツでは補正しにくい打ち合い・胴まわり・着丈なども調整、型紙から作り仕立てるため、袖を通したときのフィット感は格別なのだ。

スリーピースなら、伝統的なブリティッシュラインや、シャープなシルエットのモダンブリティッシュラインがおすすめ。モヘア混素材など新たな生地も用意されるので、チェックしていただきたい。

より品格を高めたいなら、オプションにも注目だ。ハンドメイドのオリジナル水牛ボタンをチョイスしてみてはいかがだろうか。細部にまで自分らしさを表現したスーツが完成するに違いない。


阪急メンズ東京 5階 
フランコ・プリンツィバァリー(直通電話番号 03-6252-5311)
ポールスチュアート(直通電話番号 03-6252-5394)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.02.04 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ