表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

今、改めて知りたい「ヴィンテージウォッチ」の魅力――【地下1階 イベントスペース】

近年、ファッショニスタの間でも注目を浴びるヴィンテージウォッチ。読者の皆様は"ヴィンテージウォッチ"と聞いて、どのようなイメージをお持ちだろうか?

(一番手前のもの)ROLEX OYSTER(1930年代) 1,150,000円

 

希少性があったり、古くて味わい深いもの・・・ぼんやりとした印象はあるものの、筆者も含めてそれらに造詣が深い、あるいは着けこなしている人は、まだあまり多くないはず。なぜなら、それはなんとなく"敷居が高い"ように感じてしまうからではないだろうか?

阪急メンズ東京 地下1階 イベントスペースでは7月1日より7日間、そんなヴィンテージウォッチの期間限定ショップがオープンしている。
「想い出宝箱ぱれっと」――ヴィンテージウォッチでは国内有数の品揃えを誇る、知る人ぞ知るヴィンテージウォッチの名店だ。

HAMILTON レクタンギュラー(1940年代) 128,000円


店主の森治氏も、もともとはヴィンテージウォッチに魅せられてコレクターとなったひとり。会期中は、森治氏が機械式時計の魅力や内部の構造について丁寧に解説してくれるので、初心者の方も気構えなく楽しめるというわけだ。


I・W・C レクタンギュラー(1930年代) 798,000円

今回は、氏が長年かけて集めたコレクションを一堂に販売する貴重な機会。宝探しをするつもりで、ぜひ気軽に足を運んでみていただきたい。



OMEGA SEAMASTER(1970年代) 198,000円


例えばオメガも、今とは違う表情に驚かれるだろう。新鮮な発見は、貴方をヴィンテージの世界へと誘ってくれるに違いない。



Girard-Perrgaux コンパックス クロノグラフ(1940年代) 578,000円



1920年代から1960年代のオメガやロレックスをはじめ、IWC、J・ルクルト、ロンジンなど豪華なラインナップで、皆様のご来店をお待ちしている。


イベントについて、詳しくは⇒こちらをご覧ください。

阪急メンズ東京 地下1階 イベントスペース

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.07.03 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ