表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

今年の冬、着こなすカラーは“ネイビー”

グレーやキャメルと並んで、今年の秋冬ファッションでよく見かけるカラーが“ネイビー”。そこで、気になるネイビーカラーのアイテムを特集してご紹介。ぜひ、気軽にワードローブに取り入れていただきたい。

■アニエス ベー オム(agnes b. HOMME)


“アニエス ベー×ラベンハム”ダブルネーム キルティング ジャケット 48,600円

日本上陸20周年を迎えた「ラベンハム」とのコラボレーションによって生まれたキルティングジャケット。撥水加工を施した素材をアニエスベーらしいスリムシルエットに仕上げた1着。スタンドカラーや、大きめのブラックスナップなど随所に散りばめられたこだわりにも注目だ。

■リプレイ(REPLAY)

ダウンジャケット 43,200円
デニムパンツ(ハイパーフレックス) 34,560円シャツ 28,080円
Gジャン 34,560円、シューズ 25,920円、バッグ 16,200円
ニット帽 7,560円、グローブ 16,200円

どんなパフォーマンスにも対応する伸縮性を持った“ハイパーフレックスデニム”が登場。ぜひ試してほしい驚きのはき心地だ。スキニーとスリムの2型で、カラーは3色を展開。“ハイパーフレックスデニム”にコーディネートしたいダウンジャケットは、光の加減で見え隠れするシックなカモフラージュ柄。無地のダウンジャケットを持っているという方の2着目にもオススメしたい。

■デンハム(DENHAM)

コート 165,024円、デニム 64,584円、シャツ 23,112円

高品質な生地をたった一人で生産している英国でも指折りの職人 ロンドン・クロスカンパニーのダニエル・ハリス氏と共同制作による生地を使ったもの。なんとも言えない上質さを醸し出すコートは、風合いだけでなく着心地も抜群。デニムは、日本の職人が1本に約45日間かけて全行程を仕上げている“Made in Japan シリーズ”。こだわりのディテールを実際その目で確かめていただきたい1本だ。

■ガス(GAS)

ダウンジャケット 66,960円、デニム 34,560円
シャツ 15,120円、ショールカラーカーディガン 32,400円

シンプルなデザインが多いなか、異素材ミックスで遊び心を効かせたダウンジャケット。随所に施されたウールがよりあたたかみを演出。落ち着いたネイビーなので、シャツやカーディガンなどと合わせれば上品な着こなしが演出できる。

■ジースター ロゥ(G-STAR RAW)

A-CROTCH TRENCH 39,960円

ジースター ロゥを代表する「A-CROTCH=エークロッチ」シリーズのライナー付きステンカラーコート。通常より経糸が1本多い4本で生地を織ることで深い畝を作り表情を豊かにしている。
経糸、緯糸ともにインディゴで染めているため、一見デニムとはわからないほど深い色合いだ。ライナーは取り外し可能で、春まで使える優れもの。

GRALVENT CARDIGAN KNIT 19,400円
5620 3D LOW TAPERED 21,600円

ジースターの秋冬アイテムで、必ずチェックしておきたいのはニット。今季のイチ押しは、アウターとしても使えるざっくりとしたローゲージのカーディガン。使用頻度が高いほど、ほつれなどが気になる前立て部分は、ゲージを上げるというジースターらしいこだわりが見られるオリジナルのデザインだ。異素材ポケットやボタンなどの注目ポイントは、ぜひ店頭で確かめていただきたい。コーディネートしたデニムは定番エルウッド。

■リーバイス(Levi's)®

シェルパジャケット 15,120円
Made & Crafted™ジーンズ 19,008円

デニムジャケットの内側にシェルパを配したトラッカースタイルのブルゾン。秋冬大人気のシェルパトラッカージャケットは、ブルーデニムのほかブルーとブラウンコーデュロイの3色展開。ボトムスを選ばないので、デニムだけでなくカラーパンツとのコーディネートも楽しめる。今回は、エクスクルーシブラインのMade & Crafted™のスリムをコーディネート。

阪急メンズ東京 6階

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.11.04 11:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ