表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

優秀なアウターが毎朝の悩みを救う!ブルゾン特集【7階 紳士服】

「コーディネートの数だけアウターも欲しい!」
――ファッション好きならば一度は思ったことがあるであろう心の叫び。とは言え現実的にはそうもいかないので、"使いまわしのきく優秀なアウター"の存在感は大きく、1枚持っておいて決して損はない。

阪急メンズ東京7階で見つけた、オンオフ兼用でありながらもそれぞれに表情があり、決して"ありきたり"にならないブルゾンをご紹介しよう。

ムッシュ ニコル エクストラ

コート  45,360円

数々のインポートブランドコートにも使用されている、イタリア「バロンブロッサ」社の上質な生地を使用。パイルカットによる独特の立体感があり、羽織ると上品な表情に。その軽やかな着心地もスタッフのお墨付きだ。

すっきりとした襟元は、シャツやマフラーを美しく引き立ててくれる。アクセントの革タブは取り外しができるので、コーディネートによって使い分けたい。


リエラボ ニコルクラブフォーメン

オフユースになりがちなダウンも、これなら堂々とジャケットに合わせたくなる。

ダウンコート 82,080円

こだわりの生地には、東レのマイクロファイバー素材を使用。なめらかな手触りと上品な光沢、そして美しいシルエットと、いいことづくしの1着である。何より、長すぎず短すぎない絶妙な着丈は、ぜひ店頭で確かめていただきたい。

ジャケットを着ながら袖を通すと実感できる、スナップのありがたさ。リブ編みになっていない袖口は、よりスマートな印象にしてくれるというメリットも。

■アナザーサイドスクエア

ハリスダウンジャケット 43,200円

独特な風合いには惹かれるものの、どうしても"重厚でアダルト"な雰囲気に偏りがちなハリスツイード。シャープなシルエットのダウンジャケットならば、クラシカルな品格はそのままに、デイリーに着こなせるアイテムとなる。

上品なカラーが揃うのも嬉しい。オンオフ兼用ならば俄然グレーがおすすめだが、仕事のスタイルや手持ちのワードローブに合わせて、ぴったりの色を選びたい。

ストララッジョ イル ドゥエ

「最強のコンビです」と、スタッフが胸をはっておススメするのは”レザー×ダウン”の珍しいコート。

レザーダウン 97,200円

上質なラムがみせるオーセンティックな佇まいは、成熟した大人の男にこそ着こなせるものだ。言うまでもなく温かいので、職場にジャケットを置いて、通勤や移動時はシャツ1枚にこれだけというスタイルでもOK。

袖口までしっかりと包み込む柔らかな羊革。余計な加工をしないシンプルさが、男らしさをひきたててくれる。

ありそうでなかった”優秀アウター”は、投入するなら今がチャンス。
オンもオフも、この冬のコーディネートの悩みを賢く解消しよう。

阪急メンズ東京 7階 紳士服

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.11.21 12:47

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ