表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

重ね着しないウォームビズ対策で美しい佇まいを手に入れる“高機能アンダーウエア”【地下1階 アンダーウェア】

いつの時代も“いい男”の条件とは、端正な佇まいではないだろうか。どんな寒い冬でも美しい立ち姿をキープするため、現代では高機能アンダーウエアが存在する。

阪急メンズ東京 地下1階アンダーウエアのコーナーには、機能別のマトリックスが掲示されており、自分に合った機能のアンダーウエアをいち早く見つけることができるのだ。

その中から今回は、「プレジオーソ」と「シーク」をピックアップ。ぜひ、ウォームビズ環境でのスタイリングの参考にしていただきたい。

お肌の弱い男性には、防寒素材として歴史と実績のある“綿キルト”がおすすめだ。天然素材を三重構造にすることで、保温性を最大限まで高めている。安心感のある肉厚な素材がほどよいフィット感でやさしく包んでくれることまちがいなしだ。

ルームウエアとしても使えそうなカジュアルなカラーリングに、コントラストの効いたステッチが施されているのもポイント。長袖V首のみで、カーキとブラックの2色展開。

さらに寒さに弱い方には、天然の発熱素材であるウールをおすすめしたい。

オーストラリアの最高級羊毛の“スーパーファインメリノウール”という細い糸を使用しており、カシミヤにも似た風合いで、その肌触りに虜になるという人も。

ウール100%で吸湿保湿性に優れ、いつでも爽やかな着心地でありながら、暖かさは抜群なのだ。長袖と半袖ともにV首のみで、オフホワイト、ネイビー、ブラックの3色展開。

屋内外など、温度差の激しい場所を移動することが多い方には、夏のクールビズスタイルでも紹介した“Outlast(アウトラスト)”の素材がおすすめ。

人間がいちばん快適だと感じる温度(31~33℃)をキープしようと働きかける温度調節素材のため、アクティブな動きによる体温の上昇にも快適さを保とうとしてくれる。また、身体にフィットするのに伸縮性に富んだストレッチ素材のため、動きやすいのだ。

パープル、ネイビー、エンジ、ベージュ、ホワイトとカラーバリエーションも豊富で、幅広いアイテムのインナーとして着ることができる。もちろん、重ね着のごわつきを感じない薄さと、肌触りの滑らかさも抜群。NASAのために開発されたこの素材、過酷な環境で働く人にこそ手に入れていただきたい。

紹介した「プレジオーソ」の3アイテムは、いずれも阪急メンズ東京の“別注”だ。早めに足を運んでみてはいかがだろうか。


化繊素材だからこそできる薄さと、肌触りの滑らかさ。「seek(シーク)」はさらに、襟ぐり、袖口、裾周りが断ち切りのようなシームレスタイプのため、アウターにひびきにくいのだ。

生地の端はほつれにくく、サイズやブランドネームもプリントされており、肌当たりも最小限だ。

その上、プライス編みが伸縮性やフィット感を高め、身体にソフトに馴染む。タイトなシルエットのスタイリングをより美しく魅せるのだ。

グンゼの快適発熱素材「ホットマジック®」を採用しているため、1日中サラッとした肌触り。そして、深めのUネックにホワイト、ベージュの2色展開というビジネスシーンに最強のアンダーウエアなのである。ぜひ高機能アンダーウエアで、気温変化をものともしない備えをしていただきたい。



◆ご紹介のアイテム
「プレジオーソ」
綿キルト 3,990円
ファインメリノウール長袖 6,825円
ファインメリノウール半袖 6,300円
アウトラスト長袖 4,410円
アウトラスト半袖 3,990円

「シーク」
半袖 2,940円
スリムフィット半袖 2,940円
ホットマジック半袖 3,150円
ホットマジック長袖 3,675円

※サイズはすべてM、Lの展開

阪急メンズ東京 地下1階 アンダーウェア

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.11.11 16:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ