表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

『COAT FAIR 2013』
冬本番を前に、自分に似合う1着を見つける“コート特集” 
―2階インターナショナルデザイナーズ編(ニール・バレット)―

阪急メンズ東京のおすすめコートを網羅する『COAT FAIR 2013』。
トレンドに敏感な男性たちの期待にこたえる、2階のブランドからは「Neil Barrett(ニール・バレット)」をピックアップ。

前回のブログで紹介したように、2013AWは「バウハウス」にインスピレーションを得た作品が並ぶ。幾何学的な切り返しや、異素材の組み合わせが新たな一面を見せたコレクション。
そのランウェイでも脚光を浴びた“チェスターコート”は、その大胆なパターンがあしらわれたインナーに見事にマッチする、フロントオープンなデザインが特徴的だ。



取り外し可能なベルトは、サイドにある小さなホールからコートの内側に通すことができる。ベルトは、マジックテープで固定できるため、ウエスト周りもスマートだ。

新しいのはギミックに凝ったデザインだけではない。長めの丈や、少しゆったりしたシルエットに大きめのラペル、比翼仕立てなど、これまでのニール・バレットにはないつくりになっているのだ。

シンプルだが存在感のあるチェスターコートは、黒を挿し色に使い引き締めることで、大胆で艶のある大人の男性の着こなしが演出できる。


対照的な面持ちの“ブルゾン”は、今シーズン大注目の素材「カセンティーノファー」を使用している。イタリアのトスカーナ地方に伝わる伝統的な織物であるカセンティーノ。
毛玉のように見えるユニークな加工法は、防寒性を高めているだけでなく、丈夫で水をはじく素材なのだ。

ニール・バレットではその素材に中綿をしっかり入れることで、さらにボリューム感のあるシルエットに仕上げている。ミリタリージャケットのMA-1が基になった、シンプルでスポーティーなデザインだ。

このボンバーシルエットのブルゾンにオススメするコーディネートは、タイトなパンツ。ぜひ、ニール・バレットらしいブラック中心のスタイルで、素材の違いを楽しんでみてはいかがだろうか。


【記事関連リンク】
2013秋冬新作は洗練されたミニマルさとシルエットに注目【2階 ニール・バレット】



◆ご紹介のアイテム
「チェスターコート」のスタイル
コート 194,250円
ニット 42,000円
パンツ 63,000円
バッグ 133,350円

「ブルゾン」のスタイル
ブルゾン 194,250円
キャップ 48,300円
ニット 68,250円
パンツ 63,000円
バッグ 81,900円

阪急メンズ東京 2階 ニール・バレット

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.11.16 08:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ