表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

“JAPAN CREATORS WEEKS”
「UNDER COVER」のセカンドライン「JohnUNDERCOVER」スタート!【4階 ポップアップショップ(ジョンアンダーカバー) 】

日本が世界に誇るクリエイターズブランドにスポットを当てた“JAPAN CREATORS WEEKS”が、阪急メンズ東京4階で開催されている。

今回スポットを当てるのは、2013-14年秋冬シーズンのデビュー前から話題を集めている「JohnUNDERCOVER(ジョンアンダーカバー)」だ。

「アンダーカバー」初のセカンドラインとして、デザイナーである高橋盾による監修のもと、日常使いを主力としたアイテムを取り揃えている。
カットソーやセーターの他に、シューズやキーストラップなどの小物を阪急メンズ東京ガラージュD.エディットのプロモーションスペースで展開中だ。
異素材使いを特徴としたコレクションは、ファーストラインと遜色のないラインナップながらも、ややリーズナブルな価格で手が届きやすいのが魅力的だ。

まずは今コレクション一押しアイテムであり、アイコニックなモヘアニットを紹介したい。

モヘア(アンゴラヤギの毛)をベースにウールとナイロンをミックスさせた、ふんわりとした風合いのニットセーター。着た時の肌触りが良く、快適に一日を過ごすことができる。またフィット感のある丸首なので保温性にも優れているので、これからの冬に備え手に入れてほしいアイテムだ。

流行のバイカラーデザインを取り入れつつも、季節感を感じさせる色使いがナチュラルな暖かみを生み出してくれる。また背中の首筋の一本ラインが後ろ姿に一味違った表情を与えてくれる。

ジョンのコレクションにある日常に取り入れやすいデザインが、「アンダーカバー」のファンへのきっかけになりそうだ。


続いて紹介するアイテムは、モヘアニットの隣に後ろ姿でディスプレイされてたパーカーとパンツだ。
一見すると、カーディガンの腰巻スタイルにパーカを羽織ったルックに見える。実は、カーディガンとパンツが融合したレイヤード仕様という凝ったアイテムなのだ。
パーカのデザインもパンツ同様のこだわりが詰まっている。前から見るとコットン素材のシンプルなパーカーだが、後ろはウール素材のボーダーニットの切り替えしを施したユニークな1着。背中の丈が少し長いデザインがポイントだ。

異素材使いやレイヤードを得意とする「アンダーカバー」の“らしさ”を感じさせるディティールが、ファンの心を鷲掴みにする。

「アンダーカバー」のエッセンスを取り入れつつも、より幅広い年齢層、嗜好を持った男性に向けて作られたニューコレクション。ブランドの世界観をより身近に、より日常の中で感じていただきたい。プロモーションスペースでの拡大展開は9月3日(火)までとなっている。

■クリエータープロフィール
高橋盾(JUN TAKAHASHI)/1969年生まれ
1990年:文化服装学院在学中、友人と「UNDER COVER」を立ち上げる。
1994年:秋冬東京コレクションに初参加
2002年:03春夏 Paris COLLECTIONに初参加

1990年代に、東京の裏原系ブランドの中心として若者達を先導し、一大ブームを巻き起こした日本が世界に誇るクリエイター。


◆ご紹介のアイテム
モヘアニット 31,500円
パーカー 25,200円
パンツ 33,600円

阪急メンズ東京 4階 ポップアップショップ(ジョンアンダーカバー)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.08.27 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ