表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

“2013AW 新ブランドインフォメーション”
ロックマインド溢れるハイファッション「NO ID.」【7階 ノーアイディー】

デザイナーの菅野裕二氏が1999年にブランドを立ち上げた「NO ID.(ノーアイディー)」。来年で15周年を迎え、今まさに躍進中のブランドが阪急メンズ東京7階に初登場する。

“小粋な大人の不良”というテーマを根底に置き、自由な発想から素材、ディティール、シルエットにこだわった大人の色気を追求。シルエットが美しいスリムなアイテムが揃う。

8月24日(土)NEWオープンからスタートする13AWのコレクションは、60年代のカルチャーを現代風に解釈した“カウンターカルチャー”がテーマ。その時代の若者の思想や音楽、食文化、社会情勢など全てにアンテナを張り、デザインソースとしている菅野氏の想いが詰まったコレクションだ。

■今シーズンおすすめのスタイリング
TOPの写真は「ノーアイディー」らしいセクシー&クールなスタイリング。60年代の雰囲気が色濃く漂うサイケなプリントシャツの襟出しスタイルがポイント。スキニーなホワイトパンツとレザーブーツが、足元をスマートに見せてくれる。当時の不良をイメージしたルックが、大人の色気をムンムンと放っている。
このコーデ注目のレザーブルゾンは、ピッグレザーにオイルコーティングを施し、毛羽立ったスエードライクな肌触りを表現。両身頃と両袖内側は、同系色のリブ素材で切り替えているため、タイトなシルエットでもリラックス感のある着心地だ。

複雑なカッティングがデザインとしても際立つレザーブルゾンは、60~70年代にエルヴィス・プレスリーなどのロックスターに愛用され一世風靡した「イーストウエスト社」のデザインがベース。デザイナーの菅野氏がヴィンテージショップで一目ぼれして購入したアイテムだ。ヴィンテージ感溢れるブルゾンは、ダークトーンカラーを加えた全3色展開。


UKモッズスタイルも今季の大切なテーマの一つだ。
ナポレオンショートジャケットに大柄のチェックシャツ、細身のパンツでまとめたコーデは、暑さ和らぐ秋の街並みにマッチして、スタイリッシュな印象を与える。

このスタイルのキーアイテムは、襟がセクシーでグラマラスなナポレオンショートジャケットだ。
このモデル、実は2013年春コレクションにお目見えした人気アイテムのリメイク。ディティールには、エッジの効いたミニマルサイジングに、起毛感に温かみを感じるモールスキンを生地に採用。
インパクトのあるメタルボタンと相まって、エレガントな一面とミリタリーな雰囲気が見事に融合している。

カジュアルダウンなジャケットなので、気軽に羽織れる便利なジャケット。また、ウォッシャブルなので扱いやすい便利な1着だ。カラーはカーキ、ベージュ、ブラックの3色展開。


ロッカーズやモッズ、モードなどロックマインド溢れるコレクションが並ぶ「ノーアイディー」から今後も目が離せない。


【オープニングイベント開催決定】
1)税込15,750円以上お買い上げのお客様にオープニングノベルティをプレゼント(限定100個)
2)8月24日(土)~9月2日(月)の期間限定で、復刻レザージャケットのセミオーダーイベント開催
3)オープニング限定レザートートバッグ(20個)発売 39,900円
※数量限定のものについては、なくなり次第終了とさせていただきますのでご了承くださいませ。


◆ご紹介のアイテム
コーティングレザーリブ切替ジップブレザー 33,600円
モールスキンナポレオンショートジャケット 27,300円

阪急メンズ東京 7階 ノーアイディー

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.08.20 19:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ