表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「MIHARAYASUHIRO」Autumn/Winter13-14“CHiNPiRA”
【4階 ミハラヤスヒロ】

毎シーズンこだわりの技術・手法を組み込み、そのアイデアが世界中のファッショニスタを魅了し続ける「ミハラヤスヒロ」。Autumn/Winter13-14テーマは“CHiNPiRA(チンピラ)”という日本独自のカルチャーからインスピレーションを受けたコレクションだ。

デザイナー、三原康裕氏はこのテーマについて、日本特有の存在で、その悪趣味とも取れる独特な世界観に威圧的ではあるが繊細な美意識を感じて、またその美意識を"儚い夢を永遠に追い続ける少年の精神のよう"と捉え、作品に落とし込んで表現しているのだ。

例えば、テーマから連想できるものの一つが“タトゥー”。


そのタトゥーがフォトジャガードという手法によって美しいデザインになったジャケットは、芸術ともいえる1着だ。袖から胸の上部に織り込まれた和柄は、彫り師がデザインした本格的な作品。光に反射すると浮いて見えるフォトジャガードの手法を用いたアートなジャケットは、ぜひ実物を生でご覧いただきたい。
続いて紹介する新作アイテムは、襟を立たてて着こなせるミリタリーボアだ。取り外し可能なボアは、付けると自然と襟が立つ仕組み。
ボアを外すとシンプルなピークドラペルのテーラードジャケットに。シャープな襟が男性の尖った部分を表している。チャコールとブラックの2色展開。

最後に紹介する新作は、デニムのセットアップだ。
Gジャンのデザインは、シャツを出してブルゾンを羽織るレイヤードスタイルを1着で表現。「ミハラヤスヒロ」が得意とする“ドッキングシリーズ”だ。ギミックなデザインにデザイナーの感性が光っている。


コンセプトを徹底的に表現することが、デニムパンツにも表れている。
少しルーズになったパンツは、あえて今のトレンドに逆らったかのようなシルエットだ。こだわりのディティールは、フェイクデザインの5ポケット。本物のフロントポケットは、スラッシュポケットというユーモアもファンにも嬉しい。

独特な社会で生きる彼らの繊細な美意識が力強く表現されている「ミハラヤスヒロ」の最新コレクションを、秋からのスタイリングに取り入れてみてはいかがだろうか。

【関連記事リンク】
こだわりの技法“あぶり出し”が施されたキャンバス地のバッグ
“自分だけの1足を作るシューケアセット”と“変化を遂げる靴”


◆ご紹介のアイテム
フォトジャガード ジャケット 99,750円
ミリタリーボア ジャケット 69,300円
Gジャン 50,400円
デニムパンツ 36,750円

阪急メンズ東京 4階 ミハラヤスヒロ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.08.14 11:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ