表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

独創的なデザインとカラーの「VIKTOR&ROLF」2013SSアウター
【2階 ヴィクター&ロルフ】

桜の開花とともに、軽めのアウターを探す姿を多く見かけるようになった。自分に似合う1着を見つけたい方へ朗報だ。阪急メンズ東京2階の「VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)」では、見ているだけで気持ちが春めくコートを特集している。幅広いデザインが揃う今こそ足を運んでいただきたい。

2013年春夏は、インドのコロニアルスタイルにインスピレーションを得たコレクション。ベージュからサーモンカラーや、グレーからブラックへのカラートーンの変化がアイテムごとに楽しめる。リラックスしたシルエットにテーラード技術を採用し、モダンに仕上げた作品だ。

まだ少し肌寒い今でもすぐ使えるトレンチは、オレンジとベージュの2色展開。マットな風合いのコットン素材に、エポーレットとガンフラップのあしらわれた定番コートは長く使えるので、持っておいてまず損はない。細身のシルエットが美しく、ベルトやフロントでアレンジするだけで簡単に雰囲気が変わるので、毎日着ても飽きない1着。




表はシンプルなMA-1だが、裏返すとヘリンボーンのプリントという、完全なリバーシブルのブルゾン。フロント、ポケットにはriri社製のジッパーを使用。軽い素材で持ち運びにも便利だ。

ウエストをコードで絞ると、シルエットに変化をつけることができるトレンチ。ラウンドショルダーシルエットなので、スーツの上から着ることができる。「黒」であるにもかかわらず、爽やかな印象を受けるのは心地よいシルエットのせいだろうか。フードは取り外せるので、装いに合わせてエレガンとにも演出できる。
春夏でも黒を着たい方は、ぜひ手に入れていただきたい。

レイヤードスタイルでもゆとりがありこのナイロントレンチも、ラウンドショルダーのシルエット。今季のアイテムの中で最も軽いアウターだ。シンプルなデザインと明るいベージュが毎日の着こなしに春を添えてくれる。

平凡な毎日を「ヴィクター&ロルフ」のアウターでジェントルマンの装いに変えてみてはいかがだろうか。


【記事関連リンク】
“あの”定番メガネ、買うなら今!「ヴィクター&ロルフ」
「VIKTOR&ROLF」サングラスコレクション2012、一挙公開
2012 ヴィクター&ロルフが魅せる秋冬 Eyewear コレクション



◆ご紹介のアイテム
コットントレンチコート 207,900円
ナイロンリバーシブルMA-1 126,000円
フード付トレンチコート 156,450円
オーバーサイズナイロントレンチ 110,250円

阪急メンズ東京 2階 ヴィクター&ロルフ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.03.21 13:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ