表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

軽やかな装いの足元に「フランコ リオーネ」と「インテレッサ」のスリッポン 【地下1階 紳士靴】

季節の変化とともに、足元をスリッポンシューズへとシフトチェンジしている方も多いだろう。

阪急メンズ東京の紳士靴コーナーでは、ブログで紹介している通り、バリエーションも品揃えも豊富にスリッポンシューズを展開している。

今回紹介したいのは、イタリアンクラシコの持つ美しいデザインとカラーが特徴の「FRANCO LIONE(フランコ リオーネ)」。

ドレスシューズだけでなく、スリッポンも南イタリア・ソレント生まれのフランコ リオーネらしい、陽気で独創的な発想と、熟練した職人の高い技術が融合している。
特に、ツートンカラーのコインローファーは、ローファーには珍しいウイングチップのデザインが斬新だ。一見、コーディネイトが難しい印象を受けるが、ネイビーのスラックスとは抜群の相性だ。もちろん、今季トレンドの白のコットンパンツに合わせても映える。

フランコ リオーネで使われる素材は、イタリアの主要産地であるサンタクローチェでなめされた上質な革。その厳選した革に、アンティーク加工を施すことで、独特の風合いを生みだしている。
製法はイタリアなどヨーロッパ製の高級紳士靴に使用されている“マッケイ製法”が主となり、返りがよく底周りのきれいなところも魅力のひとつだ。

ツートンカラーのコインローファーとは違い、華奢でありながらキリッとした顔立ちを見せるのはセミスクエアのコインローファー。
イタリアでなめされた良質なキップにアンティーク仕上げを施しているため、高級感を漂わせる。この雰囲気に反して手に入れやすい価格であることも人気の理由だ。スリムなパンツと組み合わせることで、スマートな着こなしを楽しんでいただきたい。

次に紹介するのは、阪急オリジナルブランドの「INTERESSA(インテレッサ)」。クールビズスタイルからオフまで、幅広い装いに対応できるスリッポンとして好評だ。おすすめしたいのは、ムラ感のある風合いで、長すぎずやや丸みのあるトゥがポイントのコインローファー。
モカ縫いでなくU字の部分を細めの糸で縫い上げているので、カジュアルな感じが抑えられている。無駄のない、シンプルで都会的なモデルだ。

見た目の清涼感を演出したタッセルローファーは、キャンバス地に見えて、実はスエードを型押しした素材。その型押しスエードに、表革で作ったタッセルを組み合わせ、素材の違いでほかにはない面白い仕上がりになっている。

ソールを薄くし、ウエスト部を“これでもか!”と削り込んだフォルムにも注目していただきたい。軽装になるからこそ“靴選び”があなたのおしゃれ度を左右する夏のコーディネイト。

幅広いデザインのスリッポンシューズが揃う今こそ、地下1階 紳士靴コーナーへ足を運んでいただきたい。きっと好みの1足が見つかるはずだ。

【紳士靴関連記事リンク】
「maestro」による驚きの靴磨き「地下1階 シューシャインイベント」
「地下1階 シューシャインイベント」次回予定(イベント告知欄)
イタリアンエレガンスの真骨頂「ステファノブランキーニ」と「サントーニ」のスリッポン
鮮やかなカラーとリラックスした履き心地で夏の足元をつくる「ベッタチーニ」

クールビズの足元に最適なシューズインソックスとスリッポン
「コルテ-アルカ」美しいシェイプを支える様々な秘密

 


◆ご紹介のアイテム
フランコ リオーネ(ツートンカラー)各28,350円
フランコ リオーネ(セミスクエア)各27,300円
インテレッサ 各29,400円

阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.05.29 13:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ