表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

“阪急メンズ東京 夏のクリアランス”
真夏のファッションを楽しむ“天然草”の帽子 【7階 オーバーライド】

リゾートスタイルを“夏らしい帽子”で仕上げたい。あまり帽子を取り入れたことがない方でも、コーディネートに悩まないシンプルな夏の帽子を特集。

素材や編み方、カラーリングの違いで表情の変わる帽子。この夏の陽射しを和らげてくれる自分にぴったりの帽子をぜひ見つけていただきたい。


シンプルでベーシックなデザインのハット(写真1枚目)は、麦を使用した細編みが特徴。
通常より3倍ほど細い麦を細かく編むことで光沢感を出している。見た目の美しさと強度が増すこの作業、なんと手編みである。かつて、高級帽子の象徴として施されたダブルリボンもさりげなくあしらわれている。


打って変わって、コーディネートのアクセントになるポップなカラーリングのハットは、一般的に“パナマ帽”と呼ばれるトキヤ草(天然草)を使用したもの。丈夫で軽いこの素材、高い技術の手編みなら手入れするほど長く使うことができるという。トップクラウンに施したへこみのデザインがポイント。

こちらも巻きはダブルリボン。オレンジとパープルには、チャコールグレー×グレー。ブルーにはネイビー×ブラック、イエローには、ダークブラウン×グレー。

同じトキヤ草で作られたパナマ帽はホワイトとブラックの2色展開。サイドクラウンの大きな編み込みである“レース”が特長。これなら、さらに通気性がよくつばも広めでしっかり日よけしてくれる。
つば先にはワイヤーも入っており、アレンジもできる優れものだ。シックにきめたい人におすすめ。

近年、温暖化対策の一環として行われている節電。そのため、会社や取引先の建物の中に入ったからといって涼しくない。そこで、移動時の日よけも重要になる。しかし「帽子は邪魔だ」と思っておられる方が多いのではないだろうか。

前述したパナマ帽に使用されているトキヤ草は、型作りせず柔らかく作られたものはコンパクトに畳めるハットもある。
ぜひ、リゾートスタイルだけでなく、クールビズスタイルにも取り入れて涼しい夏を過ごしてみてはいかがだろうか。


【関連記事リンク】
「override」帽子セレクトショップ “普遍と進化の同居”




◆ご紹介のアイテム
ハット(麦)21,000円→ 16,800円
パナマ帽(4色)各22,050円→ 17,640円
パナマ帽(ホワイト、ブラック)各24,150円→ 19,320円

阪急メンズ東京 7階 オーバーライド

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.07.07 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ