表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

自分を高める「ジョルジオ アルマーニ」のスーツ
【3階 GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)】

“着る人の個性に添う”、それが「GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)」のスーツだ。ほどよく身体にフィットするのに、体型を問わず着た人のいい所を引き立ててくれる。さらに、注目されたくない所は隠してくれる。

それはアルマーニがデザイナーになる以前、紳士服に抱いていた物足りなさを自ら解消したことによるものだ。厳格に定められていた堅苦しい構造の紳士服は、着る人が違うはずなのに同じに見える。ならば、男性が動きやすく自分らしい装いになる服をつくる。

これが、ファッション界の帝王と呼ばれるアルマーニの原点だ。

四角張った形は、身体のラインに沿った曲線を加えた。芯地やパッド、裏地を取っ払い、やわらかい生地を使った。ボタンの位置や着丈、衿の幅やラペルの位置まで、すべてフォルムの美しさのために設定された。アルマーニがつくりたかったのは「セーターのようなジャケット」。身につけた人々は、虜となった。

芯地などの素材は、アルマーニに先導され改革されたと言っても過言ではない。
そしてわたしたちは、よりしなやかにフィットするテーラード・ジャケットを手に入れることができるようになったのだ。

「GIORGIO ARMANI」は2013年春夏の中で、生まれ変わった1つボタンのスーツを登場させた。短めの着丈で、ボタンの位置を高めにセットしてあるためウエストポイントが高くなり、足長効果がある。

パンツも裾幅21㎝のスリムフィットに仕上げてあり、ウールシルクの生地が軽やかに美しいシルエットを描く。サルトリア仕上げのため、フラワーホールやお台場仕上げなどハンドメイドの高い技術が随所に見られる。

モダンなこのスーツは、都会的なイメージをコンセプトにスリムフィットでありながら、どんなシーンでもリラックスできる着心地を追求したつくりとなっている。それこそができる男をサポートするスーツではないだろうか。

今季新作のスーツとは対照的に、ジョルジオ アルマーニの定番スーツがあるのをご存じだろうか。動きを追求したジャケットは袖付けの際、肩を前寄りにセットしてあり日本人の体にもよく馴染む。

アルマーニ独特のやわらかなドレープ感がエレガントな雰囲気。優美な着こなしをもたらすため、セレモニーやかしこまった席のために備える1着として手に入れる人が多い。ここぞというときのために装備しておいてまちがいのないスーツなのである。

このほかにも多彩なスーツが、驚くほどの品揃えで迎えてくれるのがジョルジオ アルマーニだ。ほとんどのスーツで44~56までの幅広いサイズがある。
まずは、自分のモチベーションを上げてくれるような軽やかな着心地を試着して確かめてみてはいかがだろうか。

さらに、もっと自分にぴったりの1着に仕上げたいという方には、オーダーもショップにて随時受付している。ただし予約が必要となる。少し時間に余裕を持ってじっくり選んでいただきたい。




【関連記事リンク】
スーツスタイルをエレガントに仕上げるレザーグッズ「ジョルジオ アルマーニ」



◆ご紹介のアイテム
スーツ(写真1枚目)367,500円
スーツ(写真4枚目)315,000円

阪急メンズ東京 3階 ジョルジオ アルマーニ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.03.12 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ