表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

阪急メンズ東京 「もらってうれしい 使える餞別ギフト」vol.1


「餞別」という言葉には、別れのしるしという意味もある。しかし、新しい世界へ旅立つ人の無事や健闘を祈る気持ちを伝えるために、ギフトを添えて見送りたい。

できれば、受け取った人が“使うこと”で励まされるものを贈りたい。そんな贈り物をお探しの方へおすすめしたいアイテムを紹介しよう。


■THE MONOCLE SHOP 地下1階
イギリスのグローバル情報誌「MONOCLE」と、それぞれの分野で活躍しているデザイナーやブランドがコラボレーションした限定アイテムが並ぶ「THE MONOCLE SHOP」。

MADE IN NIPPONのこだわりを持つ「TACHIO」とのコラボ第二弾はメガネケースだ。モノクルとタチオのロゴがエンボス加工された革はオレンジとカーキの2色展開。内蔵された磁石でフタが固定される。内側はやわらかいスエード。使うほど味が出る革を楽しめる。

グラスケース 13,650円


■イトーヤ ウィズ ユナイテッドアローズ 地下1階
「ROMEO No.3」
ITの進化とともに仕事の進め方が変わった企業も多い。しかし人間の脳は、機械ではない。手を使い書くことの方が、ひらめきや思考の整理に思わぬ威力を発揮すると聞く。そんなときはイージーフローのボールペンがよい。思いのままさらさら書き連ねればいいのだ。ボールペン好きの終着点とも言われる「Romeo No.3」は、書き心地の素晴らしさで驚いた後に、プライスにも驚くのだ。さらに、新しく登場したコスモを感じる本体のデザインにも驚いていただきたい。

ボールペン「イタリアブルー」 太軸:8,925円/細軸:7,350円


■タイム&テーブル ラスク 地下1階
「CROSS」
クロスといえば、ボールペンの紹介が続くと思った方も多いだろう。1846年創業の米国で長い歴史を誇る筆記具ブランドである「CROSS」から、昨年“腕時計”が登場したのをご存知だろうか。

イチ押しは、クロスのカタログで使われている「ゴッサム」という書体をシリーズ名に冠した、クロスウォッチの代表シリーズの中から「CR8002-04」。クラシックなベースに、太めの分針やエッジングの施されたダイヤルでモダンに仕上げている。


真摯なものづくりの姿勢から、時計の人気も上向きだ。シリーズごとに雰囲気が違うので、品揃え豊富な店頭でぴったりの1本を見つけていただきたい。

「CROSS」CR8002-04 13,650円(13,650~15,750円)

■紳士服飾雑貨 地下1階
「携帯灰皿」
愛煙家ならすでに持っているだろう。しかし、複数あってもいいのではないだろうか。気分に合わせて時計のように使い分ける。いっそ、楽しむなら味わいだけではない嗜好品の楽しみ方をしていただきたい。

携帯灰皿 3,150円~12,600円

―阪急メンズ東京「お餞別ギフト」vol.1 ―

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.03.07 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ