表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「HITOYOSHI(ヒトヨシ)」に待望の“インポートコレクション”が登場
【地下1階 ドレスシャツ】

「シャツ」。ただひとつのアイテムに対してこれほどの情熱を持つブランドが、国内でほかにあるだろうか。

「HITOYOSHI」が、2013年春夏の新作として登場させたのは、インポート素材を使い、シルエットを重視したスリムボディモデルの“インポートコレクション”だ。

シルエットの目安としては、平均的な通常サイズから1つサイズダウンしたイメージだと思っていただきたい。体にほどよくフィットし、立ったり座ったりした後もウエスト周りにダブつきがなく、スッキリして見える。

インポートのドレスシャツのデザインはないのか、というお客様の声に応えて実現されたため、スリムボディに合わせて胸ポケットもなくした。
テキスタイルは、イタリアで古くからシャツ生地を専門に扱う老舗ブランドであり、高級生地を得意とする「FERNO」や「ALBINI」、「TESTA」の生地を使用している。“インポートコレクション”には、100番手双糸の生地を中心として使用しておりキメ細かく、肌触りは言うまでもなく滑らかだ。

綿100%の美しいインポート生地を、HITOYOSHIの誇る高い縫製技術で仕上げている。したがって、インポートの風合いをそのままに、日本人の体にも合ったドレスシャツが出来上がるのだ。

袖の後付け、白蝶貝ボタン、ボタンの鳥足付け、フラシ芯使用など従来のハイグレードな仕様に新たに加わったスリムボディモデル“インポートコレクション”。衿型は、ワイドとカッタウェイの2型。6品番展開しているので、時間をつくって試着してみてはいかがだろうか。


同じく2013年春夏の新作には「トラッドコレクション」もある。
HITOYOSHIの人気の秘訣である従来通りの仕様はそのままに、80番手双糸の国産ロイヤルオックスを使用したシャツだ。

ノータイでも衿立ちが美しいボタンダウンは、HITOYOSHIが長年積み重ねたノウハウから生まれた新しい衿型だ。アメトラをこよなく愛する方々の声を受けて、ラウンドカラー、タブカラーと、合わせて3型の衿型をご用意した。

ぜひ、トラッドスタイルを上質なオックスフォード生地で、贅沢に仕上げていただきたい。


【関連記事リンク】
「HITOYOSHI」世界に誇る日本の職人が作る白シャツ
「HITOYOSHI」清涼感のあるシャツを
「HITOYOSHI」にブルーが登場
「HITOYOSHI」半袖シャツが登場
「HITOYOSHI」PREMIUM SHIRT




◆ご紹介の商品
HITOYOSHI インポートコレクション 13,650円
HITOYOSHI トラッドコレクション 9,975円

阪急メンズ東京 地下1階 ドレスシャツ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.02.14 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ