表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

冬のアメカジスタイルを彩る「PENDLETON(ペンドルトン)」
【7階 アナザーサイドスクエア】

「PENDLETON(ペンドルトン)」――アメカジを代表する老舗ブランド。ウールの品質へのこだわり、妥協を許さないもの作りの姿勢は、アメリカの歴史と文化と共に歩みを続けてきた。

この美しい色合いと巧みな色合わせこそがペンドルトン。高品質なバージンウールに描かれたネイティブ柄が、他にはない美しさを表現している。

コーディネートを提案するのは、ミックススタイルを得意とするショップ「ANOTHER SIDE SQUARE(アナザーサイドスクエア)」だ。アメカジを王道に着こなして欲しい、とシャツとパンツもゆるめにスタイリング。鮮やかなペンドルトンのベストがコーディネートにスパイスを利かせている。


全面的に柄を出す抵抗がある方には、部分的な柄使いのアイテムから取り入れていただきたい。デザインの可愛さもさることながら、ウールの素材感を十分にお楽しみいただけることだろう。


また今回、ファッションだけでなく、部屋の中にも取り入れていただきたいおススメアイテムがブランケット。大判のムチャチョ(=スペイン語で「少年」の意)ブランケットは、フローリングに一枚ひくだけで、ウールの暖かみを与えると共に、部屋の印象をがらりと変えてくれる。

こちらのSpirit of the Peoplesパターンは、ペンドルトン100周年を記念するために織られたデザイン。6つの縞が5世紀続くペンドルトンの歴史を、十字はネイティブアメリカンの伝統を描いている。

保温性にも優れているため、小さいサイズのブランケットは肩から羽織るにも丁度いい。

ソファーに、車内に、一枚置いておけば、冷えが苦手な女性のためにさっと差し出すこともできる優れもの。なんともポイントが高い。

製品に付けられた青いタグは、アメリカのトラディショナルブランドである証。紡績から製品造りまで自社での一貫した製造を誇りとしている。

ウールに定評を持つ毛織工場として創設されたペンドルトン、それらの高品質なバージンウールを肌に触れ、確かなる伝統を感じていただきたい。


【関連記事リンク】
20世紀のワークウェアを研究し、21世紀のワークウェアを創造するラギッドファクトリーがアナザーサイドスクエアに常設展開!



◆ご紹介のアイテム
ベスト(写真1枚目)31,290円
シャツ 16,590円
ベスト(写真2枚目)29,190円

ブランケット(大) 200×167㎝ 35,490円
ブランケット(小) 110×80㎝ 11,550円

阪急メンズ東京 7階 アナザーサイドスクエア「ペンドルトン」

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.01.08 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ