表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

紳士靴のクリアランス「スコッチグレイン」と「リオプリメーロ」
【地下1階 紳士靴】

職人の街“墨田”で一貫生産を行うヒロカワ製靴が創業したのは1964年。“品質主義”を貫き通し靴を作り続け、1978年に誕生したのがオリジナルブランド「SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)」だ。

そのこだわりは、靴づくりの川上までにさかのぼる。世界中の上質な革を自ら買い付け、独自の基準で検品、等級分け、デザインや価格帯にあわせた仕分けまでを行っている。

靴の製法も、足に馴染みやすく丈夫で安定感にも優れた「グッドイヤーウェルト」を採用している。

ソールの交換までもが可能なグッドイヤー製法は、上質な甲革だからこそできることであり、長く愛用出来る証明でもあるのだ。

さらにスコッチグレインでは、履き続けることを想定し、最も足に接する中底にもこだわっている。

耐久性や吸汗性などが優れていることはもちろん、サイズによって中底の厚みを変えているのである。26㎝以上を少し厚めにすることで、すべてのサイズで同様のフィット感や足馴染みを体感することができるよう考慮されているのだ。

そして、Made in Japanという品質は木型にも反映されている。足長と足囲の基本数値をベースに日本人の足の形状や歩行までも想定し、ミリ単位で削り出す。

緻密な努力と技術が、スリムで美しいシルエットでありながら歩きやすさも実現しているのだ。
クリアランスセールでは、スコッチグレインのなかでも平均35,000円ほどの価値ある靴を27,300円で提供するだけでなく、通常価格のときにすべての靴についているシューキーパーもそのままセットでついてくる。
年の初めだからこそ、お得なうちにぜひ手に入れていただきたい。

そしてもうひとつ、同じビジネスシューズで大活躍する阪急オリジナルブランド「リオプリメーロ」もぜひ、一緒にご覧いただきたい。

木型職人の相澤亮一氏と阪急の紳士靴担当者がタッグを組んで、お客様の声をできる限り盛り込み、スペイン・マヨルカ島のメルミン社にて製造した靴である。

スコッチグレイン同様、サイドウォールを採用しエッジの立った立体的なラインでシャープに見える仕上がりだ。

さらに、踵を“ピッチドヒール”にし、ソールのサイドであるコバを2回削り角を出す“矢筈(ヤハズ)仕上げ”にすることで、実にエレガントなのである。

もちろん、リオプリメーロの靴もこの期間だけの特別価格でお届けする。

紳士靴コーナーではこのほかにもあらゆるメーカーでマークダウンしている。この機会に靴を新調し、新しい靴で年の初めを過ごしてみてはいかがだろうか。


【セール関連記事etc.】
紳士靴のクリアランス「マルモラーダ」のマウンテンブーツ
2013年冬のクリアランスセール全館でスタート!
本日より初売りスタート。新春を彩る春財布。「1階 革小物」
「HITOYOSHI(ヒトヨシ)」シャツがクリアランス先取り





◆ご紹介のアイテム
「スコッチグレイン」sale 各27,300円
「リオ・プリメーロ」sale 各22,050円

阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.01.06 17:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ