表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

sergio rossiのドレスシューズで格上げするモダンスタイル
【2階 セルジオ・ロッシ】

今年のトレンドはクラシックモダンなスタイルである。まさかウェアだけをクラシカルにして、靴をお忘れではないだろうか。或いは後回しにしている、という方にはぜひおすすめしたい靴がある。

イタリアのロマーニャ地方 サン・マウロ・パスコリで設立した「sergio rossi(セルジオ・ロッシ)」だ。
今、もっともクラシックモダンなドレスシューズが揃っている。

1960年代にスタートしたセルジオ・ロッシ。当初の扱いはウィメンズシューズのみであったが、1980年代にはメンズシューズがスタートする。
そして現在、その伝統的なウィメンズシューズに用いられるレザーの手法をメンズに取り入れることにトライしている。

柔らかいカーフをアッパーに用い、ソールは薄く仕上げた。
プレシャスな素材が職人によって息を吹き込まれ、エレガントな靴に仕上がる。

ロングノーズなので細身のフォルムに見えるが、日本人の足に近い幅広タイプだ。


同じくロングノーズでもサイドゴアブーツになると雰囲気が一気に変わる。

このラインの美しさがセルジオ・ロッシだ。

朝、時間はないがクラシカルな着こなしを悩まず完成させたい、という方におすすめ。

キルトタンにストラップがあしらわれたドレスシューズは珍しいのではないだろうか。ローファーのようにカジュアルになりがちなキルトタン。

靴全体のシルエットと装飾の絶妙なバランスが、真のエレガンスを表現している。
上品な服を飾るにふさわしい逸品だ。

今年のコーディネイトを格段にアップさせるセルジオ・ロッシの靴で、クラシカルスタイルを追求してみてはいかがだろうか。

次は、少し肩の力を抜いても美しく履ける1足だ。スエード素材にラバーソールというお手入れも簡単な気軽に履けるチャッカブーツだ。

美しいフォルムをエントリーモデルで手に入れられるとなると、うれしさも増す。ジャケットスタイルが好きな方には特に重宝するだろう。

もちっとした質感の柔らかさがクセになるスリッポンはかっちりとしたローファーに見られがちだが、ドライビングシューズである。

足もとにボリュームを出したくないときや、ローファーを着崩したいスタイルにおすすめ。

ソールに突起がついていて、休日などたくさん歩いても足取りは軽いままだ。旅に連れて行きたい1足。

最後はどうやってもカッコよくなってしまうブーツだ。
サイドジップで着脱が楽なだけでなく、もちろんレザーのやわらかさも抜群。

バイカーっぽいルックスやミリタリー、モノトーンなど、コーディネイト次第で変わる表情を楽しんでいただきたい。

クラフトマンシップの注ぎ込まれたセルジオ・ロッシの上質な靴なら、きっとあなたに長く寄り添ってくれるはずだ。


【関連記事リンク】





◆ご紹介の商品
ROGER(レースアップ) 80,850円
ROGER(サイドゴアブーツ) 96,600円
ROGER(スリッポン) 90,300円
RUBBER(チャッカブーツ) 58,800円
STEAVE FAMLY(ドライビングシューズ) 55,650円
HEAVY RUBBER(サイドジップ ブーツ) 86,100円

阪急メンズ東京 2階 セルジオ・ロッシ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.11.16 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ